震災から乗り越えた人々 3 安政南海地震の例

さて、本日のお話は、前回の2におきまして説明いたしました。今回は、その東南海大地震から3日後に発生した南海地震と、地域の人々を守るために機転を利かせた一人の男性の物語をお話しします。 本日の主人公は濱口梧陵さんと言う醤油製造業者のお方です。今回の話は3つに分けております。 1点目は、この梧陵さんがモデルとなった「稲村の火」について、…

続きを読むread more

1週間伸びるか…それとも。

本日のお知らせは8月の予定と言うか、8月に予定していたフェリー旅行に関するお知らせです。実は、1週間伸ばすのかどうか迷っております。   敦賀から秋田に向かうフェリーの切符は予定通りなのですが、秋田から乗るフェリーの切符を取るのに制約があることが判明しました。それは、苫小牧から出るフェリーでは、途中から乗船することができな…

続きを読むread more

震災から乗り越えた人々 2 安政東南海地震の例

本日連載2回目となった話ですが、先日は「三陸大津波」の事例を、紹介しました。本日は、安政東南海地震を例に、考えてみようと思います。   「三陸大津波」から遡ること42年前、幕末期の日本を襲ったこの災害、今回のテーマは、自治体のトップがどのような判断をしたのかに注目してみます。 そこで、ご紹介するお方は、林鶴梁さんと言うお…

続きを読むread more

震災から乗り越えた人々 1 三陸大津波乃事例

今回お話しますのは、明治時代の東北地方を突如襲った大津波です。今回のテーマは、2つあります。 1つは、その津波がいかに巨大だったのか。2つは、その当時どう対処したのかについてです。   まず、三陸地方に押し寄せた津波は、本年の3月11日に発生した東日本大震災での津波に襲われた津波の高さが、40mほどに達していた所があり、…

続きを読むread more

夏草や…

本日から、歴史ものの再開と相成りました。今回の特集は、震災に関しての事で、話を始めてみようと考えておりましたが、急遽入ったお話から、   一昨日に、小笠原諸島が世界自然遺産に登録されたと言うニュースが、日本中を駆け抜けたのも記憶に新しいですが、本日の話は小笠原諸島ではなく、平泉が世界遺産に登録されたことについての話題です。…

続きを読むread more

震災から乗り越えた人々

本日の話題は、地震に関しての歴史からの視点を本日から、合計6回に分けてお届けしたいと考えております。   本日から遡ること3月前の、本年3月11日午後2時46分に宮城県沖を震源とするプレート級マグニチュード9.0の地震(速報値は8.8)が発生した事は、忘れる方が少ないでしょう。   さて、そんな中で、歴史的な…

続きを読むread more

早すぎるのですが

本日のお知らせはあくまで、計画段階であるために、変更される可能性が高いので、正確な事は言えませんが、8月1日から10日にかけて、東北地方に里帰りを行う予定です。   急な発表で申し訳ありませぬ。なお、8月1日のフェリーの切符などが取れていないために、この日時が変更となるかもしれません。 以上です。

続きを読むread more

本日で、3カ月と一週間半がたち…

本日の時点で、死者と行方不明者は、2万人のまま、増えることもなければ、減ることもないと言う状況です。このまま100日が過ぎたのですが、本日も大きな余震があり、混乱していると言う事にはわかりはありません。   まだ、復興が始まったばかりだと言えます。だからこそ、これ以上、政治での空白は望みたくありません。 と言った中で、管…

続きを読むread more

ついにことはじめとなりました。

本日の新しいお知らせとして、阪急阪神プロジェクトがスタートしたと言う話題をお話しします。 この話で言いたい点は2点です。   1点目は、地鎮祭を行った事です。着工前ですので、梅田駅付近の神社(曽根崎お初天神)にお参りし、地鎮祭を行いました。   2点目は、今夜から、梅田駅の開発を始めます。 理由は、今から…

続きを読むread more

計画案

今回の阪急阪神線の計画がまとまってきました。 その点については3点にまとめてお話します。   1点目は、大阪と神戸間を2方面から開発します。 1方向は、阪急梅田→(第1段階)→十三→(第2段階)→西宮北口→(第3段階)→岡本→(第4段階)→三宮 もう1方向は、阪神梅田→(第5段階)→尼崎→(第6段階)→西宮→(第7段…

続きを読むread more