タイトル:広州迎撃戦 19

どちらが、弓を引くか…、それが問題となっていた。だが、一美たちは、それ以外の道を探していた。つまりは、弁舌に長けた人材を登用しなければならない。 これから、そのような人物が、果たしているのかどうか、一美は考えていた。それより、大事な事を忘れているような…。ふと思い立つと、穂積に渡したあの手紙が気にかかっていた。そのころ穂積は…。 穂積自…

続きを読むread more