国家の格下げ…。

本日の話題は、「歴史もの」からです。   本日の午後に、アメリカ格付け最大手の「スタンダード・プアーズ社」が、西欧9カ国の国債の評価を1段階下げたと発表して、大きな衝撃がEU内を駆け巡りました。   その理由は、2つあるのですが、一つが、「フランスの格付けの格下げ」、2つが、「9カ国同時の上に、金融危機に対応…

続きを読むread more