インドネシアの政権交代と革命。

本日の話題の2題目は、「歴史もの」の東南アジアシリーズ第2回と言う事で、今回取り上げる国家は、「インドネシア」です。ちなみに、今回はポイントを3つに絞って、話す事にします。一つは、インドネシアと日本の関係からスカルノ大統領について、二つは、スハルト大統領の登場。三つ目は、通貨危機による反動です。 実は、この話も「アジア通貨危機」が…

続きを読むread more

ああ…、まだ始らない。

本日の話題は、2題ほどあります。この記事では、「∟都市開発部(南海都市開発)」から、関空線の関西空港の着工についてです。 現在国からの許可が下りたのですが、問題が発生しました。 土地の造成工事に時間がかかっている事が判明したのです。 実は、大手建設会社の「JGD(Japan-Grand-Developmen…

続きを読むread more

マレーシア政変から14年

本日の話題は、「歴史もの」から昨日の新聞からの話題を、お話します。 昨日の朝日新聞の国際面に、約半ページの記事が載っていたようなのですが、そのテーマから今回はお話します。 今からさかのぼる事14年前、東南アジアの中堅国と言われるマレーシアで、副首相の更迭に関してのデモが起きました。この時、私はまだ高校に入学した時の事で、父が転勤…

続きを読むread more

そして、沖縄行きの特急はどの列車で運行するのか?

さて、本日の話題は、昨日と同じく、「子会社:国際旅客寝台株式会社」からです。 本日は、沖縄行きの特急の使用列車についてどうするのか、現在会議でその議題が取り上げられております。 熊本と沖縄を人吉、吉松、隼人、鹿児島中央経由の特急で使用の使用車両をどうするのか、現在候補として挙がっているのは、この3形式です。 1.HST …

続きを読むread more

時刻表に見慣れぬ項目を設定。

本日の話題、実は、「子会社:国際旅客寝台株式会社」より、昨年から作り続けている時刻表の話をお伝えします。 今回のタイトルである「時刻表に見慣れぬ項目を設定」としているのは、次の2点です。 1点目は、フェリーの乗り継ぎと言うより、フェリーに乗り入れる事のできる列車を設定しました。 2点目は、その行き先が、沖縄(?)と言う…

続きを読むread more

レポ:南海「和歌山大学前駅」開業(6)

本日の話題は、「鉄タビ」の南海「和歌山大学前駅」開業レポートの6回目です。 本日は、その「和歌山大学前駅」の開業によって、変更された和歌山市駅について、レポートします。今回はほとんど撮影に回しましたが、大まかに3点に分けました。 1点目は、和歌山市駅に戻るまでの話、2点目は構内の話、3点目はその場所にいた人についてです。 …

続きを読むread more

レポ:南海「和歌山大学前駅」開業(5)

本日の話題は、「鉄タビ」から、南海「和歌山大学前駅」開業レポートの5回目です。 さて、式典も無事終了し、再びホームに向かいました。 と言う事で、難波側で、列車撮影を開始。時刻は、午前11時を回った段階です。 その間に、吉見ノ里から南海「和歌山大学前駅」開業式典に参加した男性の方と、一言二言、話をして、それ以外に、なんと松山…

続きを読むread more

レポ:南海「和歌山大学前駅」開業(4)

本日の話題は、「鉄タビ」から南海「和歌山大学前駅」開業レポートの4回目に当たります。 南海電鉄代表の演説と、和歌山市側の演説で15分ほどが過ぎ、続いては和歌山大学の観光学科の方たちのPRとも言えるような演説が続く事になりました。 まず、大学の観光学科で教鞭をとっている教授の方から、列車に取り付けるヘッドマーク【臨時列車等特別…

続きを読むread more

レポ:南海「和歌山大学前駅」開業(3)

本日の話題は、「鉄タビ」より、南海「和歌山大学前駅」開業レポートの3回目です。 さて、合計7人の大所帯となった中で、さて式典の会場に向かいます。 少し、光の加減を間違えたのですが、ふじと台の駅前ビルの様子です。多くの方々が集まってきました。中には、和歌山市の紀ノ川を越えた東松江駅(加太線)からお越しになったご夫婦から、「和歌…

続きを読むread more

レポ:南海「和歌山大学前駅」開業(2)

本日の話題は、「鉄タビ」からレポートの2回目です。 本日のレポ2では、「和歌山大学前駅」に着くまでと着いてから式典に参加するまでです。 さて、みさき公園を8時55分に出る和歌山市行き普通で、出発。 そこから、列車に揺られて、「和歌山大学前駅」には、9時3分の到着で、さっそく駅名を撮影。 さて、「和歌山大学前駅」の写真…

続きを読むread more