歴史のタブーに迫る 第4回:南京に虐殺はなかったのか?―日中戦争最大の事件南京大虐殺に迫る―

本日の「歴史のタブーに迫る」の4回目は、日中戦争の最大の謎となっている「南京大虐殺」と言う事件に迫ります。 今回の話は少し複雑になります。これには、国家間の問題が横たわっており、かなり議論されている問題です。その点について4点に分けて迫ってみようと思います。 その前に、南京大虐殺の経緯を追ってみましょう。 昭和12年8月9…

続きを読むread more

新731系の開発(12)

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、新731系の開発について、2点お伝えします。 1点目は、グリーン車両の開発。2点目は車内の改良についてです。 グリーン車の車両については、内装の改造工事と同時に、外装の改良工事を行っております。外装工事は、緑の帯をピンク色に変える事だけです。 このピンク色以外に…

続きを読むread more

歴史のタブーに迫る 第3回:JFK暗殺―東西冷戦とベトナム戦争、そして、アメリカがさまよった時代の引き金とは―

「歴史物」の特別シリーズ「歴史のタブーに迫る」、第3回の今回は、世界史的にも重大な事件と言われているジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件を掘り下げてみようと思います。 今回は、この事件で浮かび上がる黒幕の存在についてお話ししようと思います。 論点は4点に絞ります。  、 1.大統領が撃たれただけでなく? 2.大統領を嫌っ…

続きを読むread more

申し訳ございませんでした。E36系に不具合がありました。

 本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」より、不具合に関してのお詫び、修正車両の無償交換についての受付を致します。 本月3日に、Web上にアップいたしましたE36系客車を調べていた従業員から、不具合があるとの指摘を受けて、調査を始めたところ、「スイッチの数を抑え」る工事を施した時期に、プログラムの操作ミスが…

続きを読むread more

歴史のタブーに迫る 第2回:関東軍の謀略は嘘か?―イギリス諜報部MI-6による張作霖爆殺の真相―

「歴史物」の特別シリーズ「歴史のタブーに迫る」、第2回の今回は、歴史的な事実がまだ不明と言われている「満州某重大事件」と言われた「張作霖爆殺事件」について、掘り下げてみようと思います。 さて、この話の定説は、「関東軍の謀略で、主犯は河本大作陸軍大佐である。」となっております。 では、この河本大作陸軍大佐が事件の首謀者なのか…、そ…

続きを読むread more

歴史のタブーに迫る 第1回:伊藤博文射殺事件

本日の話題は、「歴史物」からシリーズをお届します。 本日から7回にわたってお話します、「歴史物」の特別シリーズ「歴史のタブーに迫る」、はじめとなる第1回は、明治42年に伊東博文が旧満州のハルビン駅で暗殺された事件を取り上げます。 現在この事件について、教科書などの書籍を調べてみると、必ずこの様に書かれております。 安重…

続きを読むread more

新731系の開発(11)

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、引き続きですが、新731系(新203系気動車)の改装工事について、お話します。 結果的にですが、釧路運転所所属車両と札幌運転所所属車両の幕の張り替えが終わり、最後の砦となる苗穂運転所所属車の出番となります。 結果的に、旭川運転所と釧路運転所で運用を分けるS特快列車が出…

続きを読むread more

新731系の開発(10)

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、2本お届けします。1本目は、新731系(新203系気動車)の製作作業についての続報を、2本目は、クルージングトレインの名称とヘッドマークの紹介を紹介させていただきます。 先に、新731系からですが、新731系(新203系気動車)の製作は、釧路運転所所属車両の幕を交換する作業…

続きを読むread more

新731系の開発(9)

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、新731系(新203系気動車)の工事の状況についてです。 現在、先頭車両の幕の設置工事が急ピッチで行われております。 今の段階でですが、釧路運転所、札幌運転所、苗穂運転所を扱っているところです。 しかし、明日は作業が中断する可能性があります。 実は、面接試験に…

続きを読むread more

新731系の開発(8)

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、3本お届けします。新731系の製作状況と新しく作成するKNS200型客車について、3本目は、旧型客車から…です。 まず、新731系については、付属する新203系気動車での所属車両別のシステムの作成を開始した事についてです。 主に、旭川運転所にS特快の列車表示が集中した…

続きを読むread more