実質上、まとまりました。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、KSN200型客車のグリーン車両の決定稿がまとまった事をお伝えします。 4種類に分かれた事お伝えします。 1.救援車両:スロフKSN200型;開放型座席車 2.普通車両:スロKSN201型;開放型座席車 3.コンパートメント車両:オロKSN202型:コンパートメン…

続きを読むread more

本日もお休みです。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」からです。 実は、工場は休みになっているのですが、KSN200系客車について結論がまだ出ません。 結果的に、どういう形でつくりなおすか、会議でも議論が続いております。 さて、最終候補として、オロKSN201型と、オロフKSN201型、オロシKSN203型に絞り込んでお…

続きを読むread more

本日は、簡単に…。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」のKSN200型客車の話から、簡単にと言う事で、 それで、グリーン車の車両をどこから持ってくるのか、それについての議論が進行中です。 合計で4パターンほどあるのですが、1つが、ビュッフェを搭載したオロシKSN203型と、2つが、ラウジング型のオロKSN202型となっておりま…

続きを読むread more

余計なものがあるため…。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、KSN200型客車の続報です。 実は、今回作成している車両は、数が多くなり、数々の種類がセットの様な形で、同封されるように、作っているのですが、実は、重複している客車が数種類ある事が先程、明らかになり、重複していた部分を削除しました。 現在整理及び、新たに作成している…

続きを読むread more

ドアの問題は解決

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、KSN200型客車の続報です。 昨日、ドアの問題に関して問題が解決しました。この問題は結局、車体のドア面積が広すぎると言う事から、狭める工事をして落ち着かせました。 それが、この画像です。 そして、こちらが、ドアを開いた時の状態です。 少し、ドアの面が少し…

続きを読むread more

ドアに関しての問題

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から簡単に、KSN200系客車の話についてです。 今回は少し困ったと言う話題です。 この隙間の部分です。 この隙間の部分をどのようにして改良するのか、現在議論が続いております。 一人の車両工学の専門家からは、プラグインドアを採用するべきであるという意見のほかに、ドア…

続きを読むread more

歴史のタブーに迫る 第7回:若者が立ちあがった―天安門事件と中国の未来― (3)

4. 今も残る天安門事件の影響 この事件の後、民主化活動の中心的存在の1人と目された王丹などの「反体制派」と目される人物に対する一斉検挙が、中国共産党の指示により行われると、物理学者の方励之夫妻がアメリカ大使館に駆け込み、政治亡命を申請(なお、方励之氏本人は本年亡命先のアメリカで亡くなられております)、また、ウーアルカイシや柴玲な…

続きを読むread more

歴史のタブーに迫る 第7回:若者が立ちあがった―天安門事件と中国の未来― (2)

3. 正確な死者数がわかっていないのは。 その中で、社説掲載から4日後、帰国した趙紫陽氏に、翌5月1日の常務委員会で秩序の回復と政治改革のどちらを優先させるかについて、李鵬氏との対立が起こり、5月4日の五・四運動70周年記念日までにデモを素早く抑えることで一致したのですが、デモは拡大の一途をたどって、五・四運動の70周年記念日であ…

続きを読むread more

歴史のタブーに迫る 第7回:若者が立ちあがった―天安門事件と中国の未来― (1)

本日の「歴史のタブーに迫る」の7回目(最終回)は、いまだに中華人民共和国の中で、現在も伏せられ続けている「天安門事件(第2次天安門事件{六四天安門事件})」について迫ります。 今回のクローズアップする点は4点です。 1. 改革開放がもたらした政治変革への波。 2. 冷戦構造崩壊の余波と関係はあるのか。 3. 正確…

続きを読むread more