ドイツ客車とイタリア客車、オーストリア客車の作成に関して。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、海外客車生産班のお知らせがあります。 実は、英国規格で製造する予定のTEE、インターシティ専用車両の完成時期が遅れると言うお話です。実際言いますと、年をまたぐ可能性があります。 主にイタリア車両と、オーストリアの車両を作る時間が無いのが今の実情です。また、国内生産班は…

続きを読むread more

京阪1900系車両の内装を考えております。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、京阪1900系の開発についてです。 実は、内装の問題が出てきております。これは、どういう事になるのか、まだ結論を出していない状況です。 理由は、資料が少ないという理由からです。どういう色なのか、まったく分からないのが実情です。 京阪旧3000系こと8030系…

続きを読むread more

けいおんの聖地へ…。 その6

本日の話題は、「鉄タビ」からけいおんの聖地巡礼の6回ですが、今回は、この場所からスタートします。 この場所は、一乗下り松のある一乗界隈です。 この場所から、けいおんのキャラの一人(キーボード担当)のアルバイト先を、探しに行こうと言う事になったのですが、その場所からこんな情景が…。 (注意!:道路交通法は守りましょう!)…

続きを読むread more

けいおんの聖地へ…。 その5

本日の話題は、「鉄タビ」からけいおんの聖地巡礼の5回目です。 修学院駅から、歩くと北山松ヶ崎界隈に出た私たちは、松ヶ崎大黒天神社に向かいました。 松ヶ崎の大黒天神社には、妙円寺の一角となっているので、そこにあるいていきました。 なんと、橋に来たのですが、此処から西に行くと、私の下宿先につながります。 実は、私は1…

続きを読むread more

京阪の計画は、道半ば

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、京阪1900系の話題についてです。 特急用車両1900系の開発が現在停滞中と言う状況です。なぜなのかと言うと、現実の仕事が立て込んでいるためと、海外客車生産部の部分が大変な事になっており、その為に日本の車両生産部の計画が進んでいないと言う事態に陥ったのだそうです。 と…

続きを読むread more

けいおんの聖地へ…。 その4

本日の話題は、「鉄タビ」からけいおんの聖地巡礼のレポートをお届しております。今回は、4回目です。 出町柳駅から八瀬遊園行きの午後1時22分発で、最初の目的地である修学院駅へと向かう、私たちは、修学院駅で下車して、写真撮影に入りました。 こちらは、出町柳行きのデオ800系815編成です。 修学院駅には午後1時半に到着しました…

続きを読むread more

けいおんの聖地へ…。 その3

本日の話題は、「鉄タビ」からけいおんの聖地巡礼の旅に関してのレポートを、お届けします。今回は3回目です。 さて、11時50分ごろ、出町柳駅に到着した私たちは、けいおんの聖地の一つ、オープニングの場面の場所です。 高野川と賀茂川の合流地点となります。 この高野川と賀茂川の近くには、多くの名所が点在します。その中で、有名な…

続きを読むread more

ドイツ客車とイタリア客車、オーストリア客車の作成

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、海外客車生産部門から、お知らせです。 特急専用の客車として、ドイツ客車を製作しておりますが、年末にずれ込む可能性が出てきました。その他にも、特急専用車両として、イタリアとオーストリアの客車を作成する事が決定しました。 そして、寝台特急専用客車も作成が進んでおりますが、…

続きを読むread more

けいおんの聖地へ…。 その2

本日の話題は、「鉄タビ」から「けいおん」のツアーについてです。 さて、臨時快速特急「洛楽」号で出町柳に向かう私たちですが、途中の京橋駅で、関西路快速氏とけんちゃん氏が合流し、私、スイル氏、それにたんば4号氏の5人となって、出町柳を目指しました。 これが、車内に掲示されていた番号です。昭和47年の製造です。 そして、この…

続きを読むread more

けいおんの聖地へ…。 その1

本日の話題は、「鉄タビ」から、本日の回より4回にわたって、お送りします。 まず、私は南海難波駅まで準急に乗って、9時20分ぐらいに到着すると、京阪の臨時快速特急「洛楽」号に乗る事になりました。 実は、この列車は、なんと旧3000系編成(現在の8000系8030編成)で運転されると言う事だそうで、多くの撮り鉄ファンが、集まっており…

続きを読むread more