オーストリアはまた今度…。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、オーストリア客車に就きましてのお知らせをいたします。 実は、今回公開予定の「ヨーロッパ客車セット」の中に含まれなかったのですが、このシリーズの「2」を作るべきと言う意見があり、そこに収録する事で意見の一致を見ました。 主なものとして、3カ国を上げます。 オースト…

続きを読むread more

京阪旧3000系引退ツアー その10(最終回)

本日の話題は、「鉄タビ」から京阪旧3000系引退ツアーの最終回です。 さて、列車は寝屋川車庫から、終点の中之島線中之島駅に向かっております。ここでは、最終回と言う事で、京阪沿線に残る歴史の話をしていきたいと思います。 実は、この京阪沿線では、多くの史跡を見る事が出来ます。とくに幕末の史跡の数が多く、沿線に散らばっているのが特徴で…

続きを読むread more

公開する予定です、さて、時期はいつか…。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、ヨーロッパ客車から関係についてです。 実際に、公開予定としましたヨーロッパ客車ですが、機関車(CC41000型)を含めない上で、今週土曜日に公開すると言う事で、役員一同が一致した意見となりました。 説明書では、列車の内容などにも触れる予定です。主に、列車編成の例、列車…

続きを読むread more

許可をいただきました。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、速報をお伝えします。 ヨーロッパ客車の生産に関してですが、フランスとドイツ、さらにイタリアの車両に関して、種車の開発元から公開許可がおりました。 改めまして、紹介するのは4種類です。 コライユ客車(1969ミストラス、グランコンフォール、コライユVUT型)と、 …

続きを読むread more

京阪旧3000系引退ツアー その9

本日の話題は、「鉄タビ」からいつまで続くのかと言われてしまいますが、京阪旧3000系のツアー9回目です。 さて、ツアーも終盤に差し掛かりました。ここでは、京阪の幻の計画路線についてお話します。 と言う前に、寝屋川車庫動画の後編をお楽しみください。後編は洗車場所に足を踏み込みます。 京都と大阪は、昔から交通の往来の激しい地帯…

続きを読むread more

本日は休業しております。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」からですが、実は休業中です。 理由は、実際の仕事がながびいているのが原因です。まあ、現実の仕事が長い半面、製作時間が取れないのが原因です。明日と言っても、本日になってしまいましたが、ゆっくり休みます。 それでは、以上です。

続きを読むread more

鉄タビ関連の予告

本日の話題とは別に、「お知らせ」から予告があります。 実は、20日に阪堺電気軌道の最新型車両を撮影できました。その内容を、京阪旧3000系引退ツアーシリーズの直後に掲載する予定です。 なお、京阪旧3000系引退ツアーは、動画掲載も含めて後3~5回ほどの掲載内容がありますので、その直後と言う事で3月に掲載する目標で動いておりま…

続きを読むread more

京阪1900系の屋根側の改造

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、技術的な話ですが、なんとクーラーを小さくして、ベンチレータを搭載すると言う話です。 実は、京阪1900系の初め形態は、冷房化されていないので、ベンチレータを搭載していたのであって、この車両以外にも、京阪2600系の前身と言う2000系がこの形態に近いです。 その他に、…

続きを読むread more

オーストリアの車両はまだ?

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から、ヨーロッパ客車についてのお話です。 実は、オーストリアの客車の作成が、まだまだと言うところです。さて、その他の2階建て寝台車両等も制作していましたが、ついに、本格的に製作を加速させていきます。 さて、他にも、中国国鉄の機関車の作成を考えております。手始めに東風4型を手…

続きを読むread more

京阪旧3000系引退ツアー その8

本日の話題は、「鉄タビ」から、京阪旧3000系引退ツアーの8回目です。 間があいたので、少しおさらいをいたします。淀車庫の中を案内がされておりました。 これを最後に、淀車庫を出て、寝屋川駅の寝屋川車庫に向かっているのですが、その間に撮影したものをお贈りします。 7200系7202編成淀屋橋駅行き急行(留置線に留め置かれ…

続きを読むread more