紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 10

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の第10回をお送りします。 さて、「薬師寺」の金堂前に私たちがいたのですが、時刻は午後3時に迫っておりました。 この後の予定では、唐招提寺を回り大和西大寺駅を午後5時前に出る三宮駅行き快速急行に乗る予定でした。しかし、この時点で、大和西大寺駅を午後5時台に出る…

続きを読むread more

今から、近鉄18400系の引退取材に行ってきます。

本日の話題は、2本あります。最初に記事は「鉄タビ」ではなく、「お知らせ」です。 今から、近鉄18400系の引退取材に行ってきます。なぜかといいますと、近鉄のホームページに日程が書かれていたことが11月いっぱいで、18400系が団体運用から離脱するという話があったからです。 あの姿が、見られないことを考えると、さみしい気も…

続きを読むread more

実は、京阪1900系の格下げ車両を作っているのですが…。

本日の話題ですが、2本目が「∟車両部(新近畿車輛)」からですが、昨日掲載する予定でしたが、時間の都合で、本日となってしまいました。 さて、1900系の一般格下げ車両の話ですが、スカートを取り付けました。このあとは順当に次の作業に入ります。 ということで、画像が間に合いませんでしたので、翌日以降に画像を掲載します。…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 09

本日の話題は、2本あります。先にお詫びですが、昨日の2本目が間に合いませんでしでした。この場にてお詫び申し上げます。では、気を取り直して、「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の第9回目です。 さて、「薬師寺」内にいますが、今、ある画像は、「薬師寺東廊下」にあたりますそこから始めましょう。 その「薬師寺」には、数々の文化財が収められ…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 08

本日の話題は、2本あります。最初の記事は、「鉄タビ」から「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の8回目です。 さて、「薬師寺」と「唐招提寺」の最寄駅である西の京駅から、次の目的地「薬師寺」を目指して歩き出しました。 さて、「薬師寺」と書きましたが、正式には「新薬師寺」と書きます。そもそもこの寺の始まりは、平城京遷都(和銅3{71…

続きを読むread more

ブログ開設4周年企画 シリーズ2 ナレーターの公表していないタビ?

―なるほど、南国の気分ってどういうものだったのですか?― ―かなり行ったみたいだけど、その中で、こんなことが…あったと言われたみたいだね。― ―どこだったのですか、最初の旅は?― ―なんだから楽しそうだね…。― ―そうですね。なレータに聞いてみましょう。― それでは、ということで話します。今から14年ほど前…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 07

本日の話題は、2本あります。まずは「鉄タビ」から「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の7回目です。 「海龍王寺」と「法華寺」を見てきたあと、お昼を過ぎていることに気づいて、私たちは、一旦奈良駅に戻ることになりました。時刻は午後12時50分、近鉄奈良駅には午後1時に到着するということになります。 バスで奈良市内に戻ったのです…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 幕間

さて、本日の話題の2本目は、同じく「鉄タビ」からですが、「幕間」です。 手短にしますが、実は一度だけ家族と一緒に電車に乗って奈良に行ったことを思い起こしました。 その時に、乗った列車が、ビスタEXになる前の「ビスタカー」です。 多分この編成の真ん中のモ30200型車両に乗っておりました。その時2回建ての車両の部分を見て、す…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 06

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から、「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の6回目をお届けします。 「海龍王寺」から南西に歩いて900m、「法華寺」というお寺にやってきました。 今まで紹介した「海龍王寺」と共に、この「法華寺」は奈良時代を代表するお寺でもあります。 実は、古代史を勉強している方も、必見かもしれま…

続きを読むread more

HP作成に時間がかかるかも。

本日の話題の2本目は、「雑記」からですが、手短にお話します。 現在、勉強がてらのHPを作成しておりますが、画像中心の写真集方式に時間を取られているところです。 まだまだ、あまちゃんですが…と言うことで、現在のところはここで失礼いたします。 それでは。

続きを読むread more