紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 05

本日の話題は、2本あります。最初の記事は、「鉄タビ」から、「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の5回目です。場所は「海龍王寺」から。 さて、「04」から説明の続きに入ります。では、国宝の「五重小塔」って、どういうことか、そこから話を始めていきます。西金堂内に安置されているのですが、奈良時代の「海龍王寺」建立当初から安置されていて、中…

続きを読むread more

今のところ進みません。…というわけではなく…。

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車輛)」からですが、タイトルが変ですね。 この意味は、京阪1900系格下げ時代のPI作りについての話です。実は、京阪1900系のページを採用しながら、作業を進めています。 と言うことで…、次の話ですが、新近鉄での話ですが、22000系の車両をTOS工業様の22600系からわ…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 04

本日の話題は2本ありますが、最初の記事は「鉄タビ」から、「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の4回目です。 さて、私は「海龍王寺」に入りましたが、その前にこのお寺について初めて知った方もいらっしゃいますので、詳しく紹介します。 「海龍王寺」は創建された年代が、飛鳥時代とも言われており、記録自体も曖昧で、実質の創建年代が特定され…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 03

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の3回目です。 無事奈良駅に到着したのですが、実はバスの時間に20分ほど余裕がありました。友達はお手洗いに行く関係で時間があり、私は写真撮影しておりました。その写真をいくつかご紹介しましょう。 トップは、京都市営交通局所属10系1117編成国…

続きを読むread more

今度は格下げ時の姿を製作中。

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車輛)」から、です。 現在京阪1900系の特急時代の車両が出来上がったのですが、この次は、格下げ時の姿を再現しようと再び、制作に入りました。 まあ、この辺は、どうなるのかわかりませんが、いい作品に仕上げるつもりです。 それについては、ゆっくりお待ちください。 そ…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 02

本日の話題は、2本あります。1本目は、「鉄タビ」から、「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の第2回目です。 さて、南海難波駅から、近鉄と阪神の共同駅となった大阪難波駅に出たのは9時27分、25分の快速急行をけって、12分後の快速急行に乗り、奈良駅を目指すことになったので、時間がだいぶ空いておりました。 実は、この大阪難波駅は、近鉄…

続きを読むread more

ブログ開設4周年企画 「私と鉄道」 08

ー皆様、誠に申し訳ございませんが、本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」です。「07」でこの対談は、終わりと思われたかもしれませんが、4周年企画はまだまだ続きますから…。ー と言うことで、ブログ開設4周年企画ですが、現状として、寝台特急を含めた長距離列車の需要は低下するばかり、航空会社の運賃値下げに、高速バスの台頭とまさに…

続きを読むread more

紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅 01

本日の話題は、2本あります。1本目は、お待たせしました。「鉄タビ」から、「お知らせ」より予告しておりました。「紅葉の奈良へ 晩秋大和路旅」の第1回をお届けします。 最初に、この和歌を詠んでみてください。 あをによし 寧楽(なら)の京師(みやこ)は 咲く花の 薫(にお)うがごとく 今盛りなり             太宰…

続きを読むread more

ついに公開。

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車輛)」からですが、 ついに、京阪1900系の車両公開が実現しました。それについて報告します。 車両形式は次の通りです。先頭車両は合計しまして6種類。中間車両は4種類用意しました。 1,2. cMc 1925,1926,1915,1916 3. Mc 1913,…

続きを読むread more

かえって直ぐですが。

本日の話題は、2本ありますが、最初の一本目は「雑記」からです。 実は先程、奈良から帰ってきました。列車の揺れを感じながらです。さてどう言う話が出てくるのか、それはお楽しみにしてください。 と言うことで、今回のおまけ画像は、 それがこちら、1230系1235編成の京都駅行き急行です。 と言うことで、以上です。

続きを読むread more