18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯― 17

本日の話題は、2本あります。最初の記事は、「鉄タビ」から「18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯―」の17回目です。三本松駅で18409編成を待っておりました。 さてさて、2430系2438編成と5200系5156編成の急行が出たあと、すぐの事でした。 18400系18409編成が駆け抜けて…

続きを読むread more

明日は、西山天王山駅開業の日ですね。

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から、お知らせです。 明日のことですが、阪急京都線の西山天王山駅の開業が迫りました。レポートを兼ねて、出かけてきます。 実は、前のことですが、ある友達がメールで、阪急の車両に貼られていたステッカーを、とってきてくださったのですが、それを撮影してきます。 ―明日はよろしくお願いい…

続きを読むread more

18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯― 16

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から「18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯―」の16回目です。 私たちは、まだ、三本松駅にいました。 12200系の大阪上本町駅先発の鳥羽駅行き特急(乙特急)が通過したのですが、午後2時50分発の列車です。午後4時37分に鳥羽駅に到着します。上り列車は…

続きを読むread more

歴史シリーズ 近代技術の波 02 「0は永遠なり。(2)」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から、「歴史シリーズ 近代技術の波」第2回目です。引き続き、「零式艦上戦闘機」です。 さて、その堀越二郎が登場させた「9式」をもとに開発した「96式艦上戦闘機」と「97式戦闘機」が出来上がった頃、世界各国では多くの戦闘機が登場しておりました。特に、ドイツとグレートブリテンことイギリスでは、映画「空…

続きを読むread more

18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯― 15

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から「18400系ラストラン! ー40年を駆け抜けたある車両の生涯ー」の15回です。 さて、午後3時11分三重県名張市と奈良県宇陀市の県境、三本松駅に到着したたんば4号氏と私を含めた一行は、18409編成の通過を待っているところでした。 まず最初に、停車したのが2610系…

続きを読むread more

歴史シリーズ 近代技術の波 01 「0は永遠なり。(1)」

本日の話題の2本目は、久しぶりですが、「歴史もの」を担当させていただきます。 本屋さんに、たいていの方は立ち寄られると思いますが、そこで今話題の小説「永遠のゼロ」が、宣伝されているのを見たことがある方いますよね。 また、「風立ちぬ」でも、エンディングで、出てきたのが零戦、正式名称は「零式艦上戦闘機」と呼ばれる戦闘機です。 …

続きを読むread more

18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯― 14

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から「18400系ラストラン! ー40年を駆け抜けたある車両の生涯ー」の14回目です。 主役(プリマ)となる18400系18409編成が、到着してから直ぐ、撮影大会となりました。最後の運転とあって、こんなことになっておりました。 とにかく、遠くで見ていてもわかったのですが…

続きを読むread more

さて、開始しますぞ!

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車輛)」から、京阪1900系の製造に関してのお知らせです。実は、昨夜気づいたのですが、説明書を書き忘れたことが判明しましました。 この場を借りまして、お詫び申し上げます。使用方法は、特急編成と同じ感じにしてください。 それで、今回は京阪1900系の最終型、つまり昭和60年の編成…

続きを読むread more

18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯― 13

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から「18400系ラストラン! ー40年を駆け抜けたある車両の生涯ー」の13回目です。 さて、そうしているうちに、時間が過ぎ、午後2時22分に近づいてきました。 実は、青山町駅に着いてから、30分ほど時間が有り、どのタイミングで18409編成が入線するのか、駅員の方から伺って…

続きを読むread more

緊急速報「泉北高速鉄道売却騒ぎ」 続編

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から、緊急速報の続編です。 話によるとローンスターへの売却を、大阪府議会は否決するということに相成ったようです。 じつは、「大阪維新の会」の中で、4名が議案へ反対に回りました。結果的に、ファンドの提案している10円値下げるという案は、納得できないというのが回答です。 結果的に、…

続きを読むread more