少しずつ、進んでいます。

さて、本日の話題は、2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からなのですが、近鉄モ200型の製作途中経過と今後の話をいたします。 実は、サボシステムの変更が何とか進んでいます。 急行は、今まで蔵部工業様のPIから大幅なパワーアップで、2都市先発で計9種類に増え、 準急系列は合計5種類のまま据え置…

続きを読むread more

高野山愛の旅 08 壇上伽藍を見ます! 後篇

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「高野山愛の旅」の8回目ですが、壇上伽藍の後半戦をお送りします。 さて、「伽藍」の中に、なぜか神社…。その理由は昨日もお伝えした通りですが、その神社に行ってみます。 ここは「御社」という表示がありました。その中身はいったい。 答えは、この建物にあります。これは、「山王院本殿」という建物で…

続きを読むread more

本人の体調不良のために…

本日の話題は、昨日2本となっていたので、本日は3本とします。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からなのですが、 実は、一昨日から本人の体調悪化に伴い、PI作成に力を入れることになってしまいました。 実は、サボのことについてですが、体系を思い切って見直すことになりました。以前に所蔵していたサボと、今回あてるサボの表…

続きを読むread more

高野山愛の旅 07 壇上伽藍を見ます!

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「高野山愛の旅」の第7回、続いて、「壇上伽藍」にいます。 さて、「壇上伽藍」は「金剛峰寺」に所属する寺院塔頭郡といわれております。それゆえ、今の画像は、中心となる「金堂」です。 続いては、あの有名な「根本大塔」です。ちなみに比叡山延暦寺は「根本中堂」ですが、この「根本大塔」は、昭和…

続きを読むread more

さて、サボも…。

本日の話題は…、通常は2本ですが、今回は緊急特集で3本に増やします。 最初の記事は、「∟車両部(新近畿車両)」より、近鉄モ200型についてです。 ついにサボの作成に入りました。実は、昭和23年の河内花園駅衝突事故(犠牲者49名{のちの調査で、一人が飛び降りたことにより、50名})以降、橿原線や大和鉄道(のちの生駒線)…

続きを読むread more

高野山愛の旅 06 大門を見て…。

本日の話題の2本目は、「高野山愛の旅」の6回目です。 私と「しまかぜ」氏は大門にいるのですが、 さて、昨日の予告で「阿形」と書いたのですが、「吽形」の画像が先になってしまいました。まあ、そこから始めます。 さて、昨日の仏教で、不殺生を最初に掲げたことから、ありとあらゆる自然を愛するという意味で、花鳥風月を、 描いてい…

続きを読むread more

先ほどまでですが、

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、昨日の記事で、台車を変えてみようという話でしたが、本日思い切って変えてみました。 すると、こんな感じになったのです。 なんとなく、似ていますよね。 そこで、この後はヘッドマークステイの作業を開始する予定です。 報告は以上となります。それ…

続きを読むread more

高野山愛の旅 05(行きませう、いきませう)

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「高野山愛の旅」の5回目。「行きませう」は「行きましょう」とお読みください。 さて、ケーブル線のケーブルカーを降りた私と「しまかぜ」氏ですが、ここで終点ではなく、高野山の表玄関大門を目指すことになりました。 高野山駅から高野りんかんサンラインバスの大門行きに乗り込んで、走ること20分、大門…

続きを読むread more

次は、台車だ!

皆様おはようございます。本日の話題は、2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、 実は、近鉄モ200型こと大阪電気軌道デボ1型についてです。それについてですが、台車回りについて、 下にある台車は、小型車両で使用するもので、ブリル型ですが、これはHARU工業様の京阪60系「琵琶湖」号で使われて…

続きを読むread more

高野山愛の旅 04 山登り(続き【極楽橋へ})

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「高野山愛の旅」の4回目ですが、 さて、二人を乗せた列車は下小沢駅に到着。標高は177mです。ここが終点ではなく、ここからさらに登っていきます。 すぐ隣の駅である上古沢駅に到着、標高は、一気に230mにまで登ってきました。 そのあとですが、ここで上り列車の時間待ちをすることになりま…

続きを読むread more