高野山愛の旅 01

連続ですが、2本目も「鉄タビ」本編からとなります。 先ほどまで須磨にいたナレーターですが、その前に取材していたたびを亜ぷすることになりました。 その日、私は和泉中央駅で、「しまかぜ」氏を待っておりました。その日は、晴れ間がのぞく天候でした。 当然のことながら乗ったのは、和泉中央駅を出発する南海難波駅行準急です。午前8時32…

続きを読むread more