高野山愛の旅 05(行きませう、いきませう)

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「高野山愛の旅」の5回目。「行きませう」は「行きましょう」とお読みください。 さて、ケーブル線のケーブルカーを降りた私と「しまかぜ」氏ですが、ここで終点ではなく、高野山の表玄関大門を目指すことになりました。 高野山駅から高野りんかんサンラインバスの大門行きに乗り込んで、走ること20分、大門…

続きを読むread more

次は、台車だ!

皆様おはようございます。本日の話題は、2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、 実は、近鉄モ200型こと大阪電気軌道デボ1型についてです。それについてですが、台車回りについて、 下にある台車は、小型車両で使用するもので、ブリル型ですが、これはHARU工業様の京阪60系「琵琶湖」号で使われて…

続きを読むread more