連結器を改造してより高性能化することに。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、 実は、ひみなみ工業様の 連結器をリアル化することで何とかしようと、現在素材をベースにして作り直しているところです。電気連結器部分などはそのまま流用となってしまいますが、その点をひみなみ工業氏に問い合わせてみようと考えて…

続きを読むread more

さて、どうしましょう。

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車両)」からですが、近鉄2410系と台湾鉄路管理局EMU700型に関しての話ですが、 実は、連結器を開発しようとしたのですが、これではリアルさが足りないということを指摘されました。 その点で、どうしたらいいのかを考えていて、流用というわけにはいかないという板挟みも絡んで弱り果て…

続きを読むread more

本日、一時的ですが。

本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」ではなく、「お知らせ」で、2本目が「∟車両部(新近畿車両)」からです。もしかしたら、3本目も作るかもしれませんのでお楽しみに、 ということで、最初の記事からです。 今から、近鉄に乗り込んで、青山町駅を目指します。 この車両に出会えるか、…

続きを読むread more

大阪線今秋にも着工へ

本日の話題の3本目は、「∟鉄道本部(新近鉄)」からですが、近鉄プロジェクトの橿原線が完成してから1年ほど経過しております。 そこで、近鉄大阪線の計画を進めているところで、今秋には、着工に向けて準備をする予定です。その前に、橿原線と奈良線のダイヤ確定が先ですが、南都か形にする予定です。 計画は合計で5期にわたり作る…

続きを読むread more

近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅 07

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅」の第7回です。 さて、この琵琶湖疎水を開削工事を続ける間も山本覚馬は、大学教育などの教育面に力を入れ、新島襄とともに、同志社英学校の創設に力を入れていきます。 この話、どこかで聞いたことがあると思われた方は、正解ですが、『八重の桜』の後半でのハ…

続きを読むread more

台湾鉄路管理局EMU700型を製作中(途中経過03)

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2本目は、「鉄タビ」から「近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅」の第7回、3本目は、「∟鉄道本部(新近鉄)」から現在進行中の話をお届けします。 それでは最初の記事「∟車両部(新近畿車両)」からですが、 …

続きを読むread more

近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅 06

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅」の第6回です。 さて、私たちは、京都市内の地下に入ってきました。そこからさらに、話を進めましょう。私とS氏を乗せた3006編成出町柳駅行特急は、地下区間に入り、そのまま足を進めます。 列車は京阪電鉄本線の終点三条駅に到着、そこから、京阪京津…

続きを読むread more

なんとか

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。 あれから、全然進んでいません。 現在この車体を使用して、中間車両を製作することになっております。まだまだですが、頑張ります。 ということで、本日の報告は以上となります。それでは。

続きを読むread more

近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅 05

本日の話題の3本目は、「鉄タビ」から「近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅」の第5回、列車は京都市内に入ります。 京都市内が焼け野原となってしまった明治元(1868)年、実質的な首都が東京へ移転する明治2(1869)年まで、京都は幕末の動乱の余波をかぶっておりました。 この中で、新政府は旧幕府を壊滅させるという考えてに至ったまま…

続きを読むread more

先ほどの話を受けて、本日は休業状態になると…。

さて、早くも本日の話題の2本目は、最初の記事となるはずだった「∟車両部(新近畿車両)」からですが、 現在、車両製作が、停まったままで、運転台の作成もしていない状況です。 しかし、現実問題とも絡み、本日は休業のはこびとなりました。申し訳ございません。 ということで、報告は以上となります。それでは。

続きを読むread more