南海22000系の製作は順調。

本日の話題の3本目は、「∟車両部(新近畿車両)」から、南海22000系についての続報です。 実は、モハ22001型が何と。 こんな形で仕上がってきました。次は、幕関連ですが、モハ22002方にも着手できそうです。ということで報告は以上となります。それでは。

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 03-3 「安保と憲法で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から新シリーズ「平和と戦争の間で揺れた日本」の通算第8回となります。 というのも、通算の第7回でふと疑問を感じたことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか…。この時に、戦争状態になっていた大韓民国と、朝鮮民主主義人民共和国は、昭和26年当時は、戦争中であるため、この会議には入ることができなか…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両の11400系製作順調。

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両11400系の作成についてです。2本目は、「鉄タビ」ではなく「歴史もの」から新シリーズの通算第8回で、独立初めの日本国内について、3本目は「∟車両部(新近畿車両)」から南海高野線22000系についてお話しし…

続きを読むread more

南海電鉄22000系システム製作

本日の話題の話題の3本目は、「∟車両部(新近畿車両)」から南海電鉄22000系のお話しですが、システム製作を開始してから1日が立ったのですが、幕を代用することに相成ってしまいました。 そのために、今まで集めてきた幕を、あれやこれやと改造して作り上げたのですが、これは南海6000系などの制作される方には、有効なツールかも…

続きを読むread more

新年会 06

皆様お待たせいたしました。本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「新年会」の第6回です。今回は、私だけででお伝えすることになりました。 実は、載せていない記事があったので、それをお話しします。 昨年のクリスマスイブ2日前、私は「しまかぜ」氏とともに、大阪梅田駅に向かっていくことになりました。どうして梅田なのか…。実は…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両11400系

皆様こんにちわ。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄11400系の制作について、2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「新年会」の第6回、3本目は「∟車両部(新近畿車両)」から南海電鉄22000系のお話しです。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、 …

続きを読むread more

南海22000系はシステム製作に向けて加速開始。

本日の話題の3本目は、「∟車両部(新近畿車両)」から南海電鉄22000系についてです。 これから、システム系統の制作に入ろうとしたのですが、その前に、側面方向幕を忘れておりました。 側面の幕ですが、どのようにして作ってみるか、まだ検討しているところです。ということで報告は以上となります。それでは。

続きを読むread more

再び吉野へ 09 列車に飛び乗って

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「再び吉野へ」の第9回、大阪阿部野橋駅に戻っていくときの状況をお話しします。 さて、以前からのお話しですが、吉野から私たちは、大阪阿部野橋駅に戻ろうとしておりました。 実は、この吉野は山の上に、町を築いたことから、ふもととまで町が拡大し、吉野千本桜の名称で有名となるまでは、修験道の門前町的…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両の制作中。

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄10400系電車の続報です。2本目は「鉄タビ」から「再び吉野へ」の第9回です。3本目は「∟車両部(新近畿車両)」から南海電鉄22000系についてです。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 03-2 「安保と憲法で揺れた時代」

本日の話題の3本目は、「歴史もの」から昨日に原稿が消失し掲載できなかった通算第7回を書き始めます。 昭和27(1952)年に、アメリカ合衆国などの西側諸国との単独講和に臨んだ日本、そして、それと同時に、アメリカ合衆国との間で「旧安保条約」を結ぶことになり、独立国家として再出発することになりました。 しかし、日本国内では早くも「日…

続きを読むread more