初春の吉野路(特急走行50周年)・大和路を駆け抜ける列車たち 08

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「初春の吉野路(特急走行50周年)・大和路を駆け抜ける列車たち」の第8回です。では始めましょう。 さて、3月15日のお話しですが、私たちは、壺阪山駅の踏切にいたところから始めますが、実際に、大阪から中央大和と南大和の玄関口である橿原神宮前に伸びてきた2路線は、その後どうなったのでしょう…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両の21000系についてですが。

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急専用車両21000系アーバンライナーについて、2本目は、「鉄タビ」から「初春の吉野路(特急走行50周年)・大和路を駆け抜ける列車たち」の第8回、3本目は「∟車両部(新近畿車両)」から、タルゴについての続報(機関車…

続きを読むread more

タルゴ製作始動! その40(ディーゼル機関車以外は?)

本日の話題の3本目は、「∟車両部(新近畿車両)」からタルゴについての続報(機関車編)です。ついに40に達しました。 こんな感じです。まず台車は省いた状態ですが、まだまだここから次の段階に行かなければなりません。 ということで、報告は以上となります。それでは。

続きを読むread more

名列車列伝特集 01-3「戦争を潜り抜けても、新幹線ができても復活した名特急! 中編2」

(Kt1641F)さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝」の第3回、特急「つばめ」さんの戦後編です。といいましても使用された車両が2種類に分かれ、さらに電車編では多種多彩の車両が活躍しております。 (N)客車辺に関しても、2種類の塗装を見ることができました。今回は、初期となる昭和24年の特急復活から、昭和…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両少し修正に関する変更のお知らせ。

皆様こんにちわ。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両の修正に関しての、お知らせ。2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝」の「01-3」。戦後初期編です。3本目は「∟車両部(新近畿車両)」からタルゴについての続報(機関車編)からです。 最初の記事は「…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 06-3「和平交渉と憲法で揺れた時代」

本日の話題の3本目は、「歴史もの」から新シリーズの第29回、テーマは「日韓基本条約」の話の真っ只中というところから始まります。ちなみに、佐藤栄作第1次内閣の時代となる昭和40年に入るまでの話です。 佐藤栄作氏の前に内閣総理を務め、昭和40年に病没された池田勇人氏のころ、当時外相を務めていた大平正芳氏(のち福田武夫内閣の後に内閣総理…

続きを読むread more

タルゴ製作始動! その39 (現在試案中。)

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車両)」からタルゴについての続報(機関車編)です。 実は、あれから何も進んでいない状況です(情けないですハイ)。 実際に屋根部分も調べてみたところ、なんと「EURO EXPRESS」様のサイトに、RENFE353型の資料があることが判明し調べてみました。すると、353型…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両12410系と12600系が完成。

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両12410系と12600系の完成と、そのほかの処置についてのお話しです。2本目と3本目は入れ替えを行い、2本目は、「∟車両部(新近畿車両)」からタルゴについての続報(機関車編)です。3本目は「歴史もの」から…

続きを読むread more

タルゴ製作始動! その37 (353早速製作するのですが…。)

本日の話題の3本目は、「∟車両部(新近畿車両)」からタルゴについての続報(機関車編)です。 さて、 353型ディーゼル機関車の開発に動き出しました。ところが、寸法が大雑把という有り様です。 そのために、様々な資料を集めていくことを考えているところです。しかし情報が少ないの欠点です。 ということで、Wikipe…

続きを読むread more

初春の吉野路(特急走行50周年)・大和路を駆け抜ける列車たち 07

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「初春の吉野路(特急走行50周年)・大和路を駆け抜ける列車たち」の第7回です。 私と、24656F氏の二人で、壺阪山駅の踏切に、たんば4号氏は壺阪山駅で列車を待つことになりました。 この場を使って、以前の記事では書かなかった疑問を、この場で書いていくことにしたいのですが、少し、歴史の要素が入っ…

続きを読むread more