新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 06-12「和平交渉憲法で揺れた時代」

皆様お待たせいたしました。本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の通算第38回です。さて、沖縄返還のきっかけとなった歴史を前回お話ししましたが、その続きが今回の記事になります。 さて、昭和20年6月23日の組織的戦闘が終了した70年前のこの日、アメリカ合衆国は沖縄を直接統治を開始します。 本格的な、当地が開始さ…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両23000系どこまで来たのでしょうか

皆様こんにちわ。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急専用車両23000系とその他の話についてです。2本目は、予定では「歴史もの」から「新シリーズ」の通算第38回ですが、「雑記」に変更する可能性もあります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。 近鉄特急専用…

続きを読むread more

まあ、ここまでできたのだから…。

皆様こんばんわ。本日の話題の2本目は、「雑記」となります。 では始めましょう。 実は、昨日から先頭車両の変更作業が相次いでテストに入っているところです。現在のところ、ドアの方は、いろいろと、工事が必要となってくるという話があり、乗務員ドアの部分の加工は、これからということになります。 また、システム面の方もこれから構成をし…

続きを読むread more

本日は工場お休みいたします。

皆さまこんにちは。本日の話題は2つあります。最初の記事は「車両部」から、2本目は、「雑記」からを予定しております。 最初の記事ですが工場はお休みいたします。 理由は就活です。 ということで、夕方から作業を再開します。 ご面倒をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

続きを読むread more

これからどうするのか。

本日の話題の2本目は、「雑記」からですが、 近鉄特急専用車両23000系は先頭車両については、問題の解決へと向かって一歩ずつ進んでいますが、ほかの車両についての話で、停滞している部分が出てきました。 また、現実問題のほうでも変化が起こっております。現在、私も就職活動が活発化して、面接とかを受けておりますが、まあ鳴かず飛ば…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両23000系の制作状況。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2つお伝えします。1つは、近鉄特急専用車両23000系と、JR東海架空車両のお話しについてです。 まず、近鉄特急専用車両23000系からですが、 まったく歯が立ちません。どういうことかといいますと、曲面が全くできない灯壁…

続きを読むread more

沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー 07

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー」の第7回です。 さて、私と「しまかぜ」氏は、休憩所がある千手滝にいました。この場所の近くにいました。 さて、ここから布曳滝と滝ヶ壺に向かいます。 まず、千手滝に別れを告げたのはいいのですが…その先が、非常にぬかるみやすいそんな場所でもあったため、…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両23000系先頭車両製作難航

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両23000系のお話しと、名鉄架空車両新7000系についてお話しします。2本目は、「鉄タビ」から「沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー」の第7回です。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、実は近鉄…

続きを読むread more

どうなるのでしょうか?

本日の話題の2本目は、「雑記」です。それでは始めます。 実は、この車両ですが、現在制作が滞っているところです。この車両について以前からですが、JR東海キハ371系気動車と375系電車という名称を考えておりました。現在は、どういうことになるかまだ分かっておりません。現在近鉄特急専用車両23000系の先頭車両の制作が待っているため…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両23000系は、又2両完成、今度は難関の先頭車が待っております。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2つあります。1つは、近鉄特急専用車両23000系について、2つ目は、タルゴ3世の機関車レンフェ252型についてお話しします。続いては、2本目は「雑記」を予定しております。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」か…

続きを読むread more