新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-3「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第43回、時代は田中角栄内閣のころのお話が舞台です。 日中国交正常化から、2か月ほどさかのぼった7月、田中角栄氏と、後に首相となる福田赳夫氏との間で、自民党総裁選が行われ、田中角栄氏が勝利を収める結果となるのですが、このころに出版された書籍が驚異的なベストセラーとなります。もち…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両21000系リニューアル中です。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両21000系アーバンライナープラスの制作について、2項目目は、レンフェ252型電気機関車についてです。2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第43回ですが、日中関係について深く掘り下げ…

続きを読むread more

名列車列伝特集 特別篇02 「オリエント急行」が愛された理由。

(N)皆様こんばんわ。本日の話題の2本目は、「雑記」から、 (Kt1641F)『「オリエント急行」が愛されたわけ』についてお話しします。 (N)この列車がヨーロッパを廻る高級列車として、運用されておりましたが、そのきっかけは何だったのでしょうか。 (Kt1641F)それはそうと、「オリエント急行」というと、列車名として…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両21000系アーバンライナープラス製作と、昨夜起こったトラブル

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両21000系アーバンライナープラスの製作、2項目目は、新たな車両計画についてのお話しです。 2本目は、「雑記」からを予定しております。 実は昨夜、アクセスしたサイトを開いてしまっ…

続きを読むread more

何かあったのですかと聞かれる前に…。

本日の話題の2本目は、「雑記」からですが…。本日工場の操業を止めたのですが、近鉄21000系のアーバンライナープラスの制作に入っていたのですが…、その工場の操業が休みだったこともあり、会議が開かれました。 その系列は、 このお方、22600系です。こちらは、どうしようか考えているところです。元とするのは、 その元と…

続きを読むread more

本日、工場はお休みいたします。

皆さまおはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「車両部」から、工場お休みのお知らせ、2本目は「雑記」を予定しております。 最初の記事ですが、本日は臨時で工場をお休みいたします。 お盆休みには早いですが、臨時休業という形にしております。ご了承くださいm(_ _)m。 というところで、報告は以上となります。そ…

続きを読むread more

【投稿ネタ】おすすめのお酒を教えて!

本日の話題の2本目は、「雑記」から、投稿ネタとして、「おすすめのお酒を教えて!」というタイトルがついたものです。 まさか、と思ったのですが、実は思いつくものがあります。それは、大学の学生として京都で暮らしていた頃、熊本県出身のN氏が勧められた焼酎です。それが記憶にあったことから、お勧めするお酒は、焼酎の…↓ しろ! で…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両の次の制作車両が始動中、その列車とは?

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目、1項目目は近鉄特急専用車両で新たに開発(改造)を開始した車両のお話しで、2項目目は、レンフェ252型電気機関車についてです。 2本目は「雑記」からの予定ですが、もしかしたら私の好みが聞けるかもしれませんよ。ということで、始め…

続きを読むread more

沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー 12

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー」の第12回です。 さて、私と「しまかぜ」氏は、骸骨滝で引き返すことにしました。さて、病身の身ながら、再三にわたって走ります(結局これがもとだったのかも…再反省)。 さて、急いで戻るのですが、目標が午後3時11分始発でした。しかし、ここで問題が…、草餅を…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両21020系完成、続いては、21000系リニューアルに着手する予定。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両21020系の完成と、21000系リニューアル車両の作成計画、2項目目は、レンフェ252型電気機関車のお話しです。 2本目は、「鉄タビ」から「沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー」の第12…

続きを読むread more