近鉄特急専用車両21020系と近鉄特急専用車両のパンタグラフ位置修正

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目ではなく、3項目あります。1項目目は近鉄特急専用車両21020系「アーバンライナーネクスト」の製作、2項目目は、近鉄特急専用車両のパンタグラフの位置修正に関してのお話し、3項目目は、久しぶりに海外組からレンフェ252型電気機関車…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-1 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の「7」、つまり、1970年代に突入していきます。今までは、重要な政策を行ってきた内閣にスポットを当てたのですが、ここからは年代ごとに、1項目として扱うことになって行きます。 さて、本日はそのプロローグに当たる昭和47年です。この年は、佐藤栄作内閣が8年にわたる長期政権において、…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両21020系の製作状況と、近鉄特急専用車両の一部修正作業。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目、今回は2項目とも近鉄特急専用車両関連です。1項目目は近鉄特急専用車両21020系について、2項目目は、近鉄特急専用車両の修正作業についてです。2本目は「歴史もの」から「新シリーズ」の「7」編、ついに1970年代前半から1980…

続きを読むread more

かっこつけたのはいいのですが…。

皆様こんばんわ。本日の話題の2本目は「雑記」から、タイトルが「かっこつけたのはいいのですが…。」になっております。その理由はどういうことなのかといいますと、 この車両のことです。でもカラーリングから何かに似ていますよね。 この形からしてもですが…。 こちらに似ているなんて思われた方もいるのでしょうね…(-_-;)。 …

続きを読むread more

近鉄特急専用車両21020系、中間車両製作

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。昨日は、緊急増備で3本となりましたが、本日は2本に戻ります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は、近鉄特急専用車両21020系「アーバンライナーネクスト」の製作、2項目目は、久しぶりですが海外組からのお話しで、レンフェ252型についてお話し…

続きを読むread more

緊急報告:名鉄架空車両新7000系改良完了

皆様、本日の話題の2本すべて終わったのですが、一つ報告しておきます。名鉄架空車両新7000系のことです。 幕の更新作業が完了と相成りました。ということで、以前のバージョンと変わったところがあります。 以前は豊橋方面を後ろにした形にしていたのですが、今度は、豊橋側が前を向くように変更されました。先ほど確認を行ったところ、新74…

続きを読むread more

GREECE=デフォルトの常習犯

本日の話題の2本目は、「雑記」から今沸騰中のあの問題について、お話しします。 現在、IMFなどから借金を抱えているギリシャ、正式名称ギリシャ共和国とヨーロッパ連合支援各国との間で、返済および融資協力などの問題が、あれよあれよという間に、進んでいます。それに対して、ギリシャ国民からは反発が強まっているなど、予断を許さない状況です。 …

続きを読むread more

近鉄特急専用車両21020系制作した準備。

皆様おはようございます。昨日の夜に、名鉄架空車両新7000系の改良工事(本体)が終わったのですが…、ということで、前置きはここまでにして、本日の項目に行きましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目は、近鉄特急専用車両21020系「アーバンライナーネクスト」の制作準備について、2項目目は、名…

続きを読むread more

沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー 10

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー」の第10回。 さて、地図から、私たちは荷担滝を目指していたのです。しかし、途中で時間がないことに気づき、仕方がなく、私と、「しまかぜ」氏は荷担滝へ行くのを断念して、引き返すことになりました。 しかし、風景などの画像を撮りためているさなかで、 …

続きを読むread more

名鉄架空車両新7000系更新作業は7200系に続く手前で足踏み、近鉄特急専用車両は21020系へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1つ目は、近鉄特急専用車両の次期計画について、2項目は名鉄架空車両新7000系系列についてです。2本目は「鉄タビ」から「沢の聞こえる渓流を旅する赤目ツアー」の第10回を追お届けします。 最初の記事は「W…

続きを読むread more