今回、名鉄の改造車両改造は、何とかうまくいきました。

本日の話題の2本目は、「雑記」からですが、名鉄架空車両新7000系の最新情報が入ってきました。 実は、幕システムの制作に関しての話を、1本目で紹介したのですが、それについて、本日中にも新7000系のみで完結することが分かってきました。 ここまでやってきたわけですが、後は、クハ7100型のほうについては以外にも幕設定が難しいと…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXとビスタカー改良の上、公開しました。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2つ話題を出します、1つは、近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXとビスタカーのことについて、2つは、名鉄架空車両新7000系についてです。2本目は「雑記」からの予定です。 それでは、最初の記事は「∟車両部(新近…

続きを読むread more

名列車列伝特集 02-9「戦前、戦後と長距離の主役だったんだ。俺は! ブルトレ化05」

(N)本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」の第2段の第10回、「さくら」のブルトレ化からもう25年がたったころのお話しです。 (EF65型1000番PF)そういえば、私の受け持った運用の最後の年でもあったわけですよ。 (Kt1641F)どういうことですか? (N)実は、昭和60年にこんなことが起…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXテスト開始

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。まず1項目目は、近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXの試験について、続いて2項目目は、名鉄架空車両新7000系の現在の動向についてです。2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」の「さくら」編、第1…

続きを読むread more

新工法、頓挫、工法に関しては試行錯誤。

本日の話題の2本目は、「雑記」から、このお話しを。 実は、新工法による幕方式に変更が出てきてしまいました。その理由は、「スイッチ数の増加」に対応できないという所です。といっても、スイッチ数が増えているのが現状です。 これらと格闘するためには、いろいろと方法を尽くすしかないようです。ということで、本日はここまでです。それでは。

続きを読むread more

近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEX

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXの制作も佳境に入ってきまして、その後の予定も含めたお話しを。2本目は「雑記」からの予定で、お送りします。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、始めに、近鉄特急専用車両…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 06-14「和平交渉と憲法で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から、「新シリーズ」通算第40回です。本題に入る前に、私(今回のナレーターでもあるのですが)は数多くのブログ記事を書いてきたのました。今回の40回という大台というのは、未知の領域に入ったと言って良いかもしれません。 旅記事に関しても、ここまでかくことは普通は皆無ですし、昔の旅記事を見てきても、30に達…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEX、B更新車両製作中ですが…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から情報が2つあります。1つは、近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXのB更新車両の制作について、2つは、名鉄架空車両新7000系幕改造工事の続報です。2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の大台通算第40回に入ります。 最初…

続きを読むread more

これから…。

本日の話題の2本目は、「雑記」からです。 実は、その話の前に、この先のことをお話ししておきます。 最近、近鉄系統のRailSimPIの割合が高くなってきており、そろそろ海外組からたまっていたものを吐き出さして下さい、という声が徐々に聞こえてきそうです。 名鉄ですが、とんでもないことになってきました。なんと、さらにスイッ…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEX、B更新を計画中。その前に。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急専用車両30000系ビスタカーEXのB更新車両と、名鉄架空車両新7000系などの情報を中心にお伝えします。続いて2本目は「雑記」の予定です。 さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。 こ…

続きを読むread more