大回りして大覚寺へ 05

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「大回りして大覚寺へ」の第5回です。 さて、四条大宮駅から嵐電嵯峨嵐山駅にやってきた私と、「しまかぜ」氏の二人ですが、 すぐ、嵐山の界隈で昼食をとるため歩いておりました。一昨年の8月に私とS氏とともに来て以来、2年近くですが、その間、台風による水害に逢って中洲が水浸しとなったという話は…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両50000系のサ50400型の製作

皆様おはようございます。涼しいのかそれともじめじめと暑いのか…、そんなことを感じる私ですが、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両50000系の制作状況について、2項目目は連結器関連に関してのお話しです。 2本目は、「鉄タビ」から「大回りして大覚寺…

続きを読むread more

それでは、なぁ…。

本日の話題の2本目は、「雑記」からですが、実は、「∟車両部(新近畿車両)」と同じく、車両関連のお話しです。 実は、ある車両の選定をやり直すことになりましたが、車庫内を引っ掻き回しているという事態になっております。 半年ほど前に製作していた京成3000系をベースとした車両が、Railsim2のシステムの変更で、表示…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両50000系サ50400型の製作は難航。

皆様おはようございます。残暑が厳しいとは対照的に、9月を挟んで、涼しい日が続きそうな月末ですね。ということで、早速ですが本日の話題に入りましょう。2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目あります。1項目目は近鉄特急専用車両50000系のサ50400型の製作状況、2項目目は連結器関連に関してです。 2本…

続きを読むread more

名列車列伝特集 03-5「戦後生まれ、夜行と連絡し、関西対九州特急の礎を築いた名列車 05」

(N)本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」の「かもめ編」第5回です。 (Kt1641F)関西対九州特急の一員として活躍していた「かもめ」、実は彼が生みの親となった列車たちはたくさんいます。今回は、そのお話しをしていきましょう。 (Hs1208F)ということで、『名列車列伝特集 03-5「戦後生まれ…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両50000系の製作は、サ50401型へ。

皆様おはようございます。Railsimの基本ソフトを「K」版に変更したことによって、作業がやりやすくなったこの頃です。それにしても、車両紹介の時に車両が回転しているのには驚きました。と、前置きはここまでで、本日の話題に移ります。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-7 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第47回です。 田中角栄氏が内閣を総辞職し、バトンが渡った三木武夫氏は、「ロッキード事件」の捜査で自らの首を絞めるという事態に見舞われ、総選挙の結果責任を追って総辞職となった後、自民党と首相として日本国を背負った人物が、本日ご紹介する福田赳夫氏です。 彼が日本国の首相とし…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両50000系の製作は、残すところ…。

皆様おはようございます。あと3日で9月になりますね。それにしても残暑が厳しいですが、本日も頑張りましょう。さて、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両50000系「しまかぜ」の中間車両について、2項目目は連結器関連です。 2本目は、「歴史もの」から…

続きを読むread more

1,1,0と、押したら?

本日の話題の2本目は、「雑記」から意味深なタイトルで、お話しします。 今回ですが、なんとなく「1」、「1」、「0」を押したら、急に、110番通報にかかってしまうというトラブルが、多くなっているという話を耳にします。 しかし、今回のうわさは、スマートフォンで確認されているといわれております。 どうしてなのか、気になるところで…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両50000系のモ50301型についての報告。

皆様おはようございます。本日も暑くなりそうな所や、涼しさを感じるところなど、様々ですが、本日の話題をお届けします。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両50000系のお話し、2項目目は連結器関連ではなく、車両計画についての情報です。 2本目は、昨…

続きを読むread more