名列車列伝特集 特別篇 04 「オリエント急行」が愛されたわけ

(N)ということで、皆様こんばんわ。本日の話題の2本目を予告していませんでしたが、本日の話題の2本目は「雑記」ですが、内容は「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝 特別篇」のお話しです。 (Kt1641F)さて、明日、大和八木駅へ向かうのですよね。 (N)ああ、そうそう、私も明日ですが、大和八木駅にある近鉄百貨店に行くことになりま…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両26000系カラー調整は中間車両に移ることに…。

皆様おはようございます。毎日暑い日々が続いておりますが、明後日以降は少し暑さも和らぐそうです。気を取り直して、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両26000系の製作状況、2項目は、新型スクリュー式連結器の取り扱いとテストについてお話しします。 近鉄特急専用車両26…

続きを読むread more

大回りして大覚寺へ 02

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「大回りして大覚寺へ」の第2回です。 さて、私と「しまかぜ」氏と、京阪電鉄の淀屋橋駅から京都府京都市東山区の祇園四条駅まで走る特急列車に乗ることになります。 前回、お話ししたのですが、京阪特急は4番線に停車中で、 トーマスラッピングの8000系8010編成が担当。この子の室内を見てみ…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両26000系と、新型連結器の導入を検討開始。

皆様おはようございます。またまた、本日も30度を超える猛暑が続きますね。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両26000系の製作状況について、2項目目は、レンフェ252型電気機関車で取り付けに成功した新型連結器の採用を巡ってのお話しです。 2本目は…

続きを読むread more

名列車列伝特集 特別篇はお休みですが。

(N)本日の話題の2本目は、「雑記」からですが…。 (Kt1641F)何か作っているのですよね。 (N)ええ、なぜかと言うと、 こんな車両ですね。 (Kt1641F)小田急と近鉄を掛け合わせたように見えますが、…あれれ? (N)そうですね。横にするとこうですね。 (Kt1641F)奥行きが短いですね。18…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両26000系と18mの車両についての製作

皆様おはようございます。本日も暑いですね。さて、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両26000系の製作について、2項目目は、18m車両の制作についてです。 2本目は、「雑記」からを予定しております。 最初の記事は「∟車両部(新近…

続きを読むread more

名列車列伝特集 03-2「戦後生まれ、夜行と連絡し、関西対九州特急の礎を築いた名列車 02」

(N)さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」です! (Kt1641F)さてさて、第2代目の「かもめ」号が登場したのは、昭和28年のこと、このころ日本は、戦後の混乱期から立ち直りかけていた時代でもありました。 (Hs1208F)そして、昭和31年に、東海道本線が全線電化するという快挙を成し遂げま…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両の製作は一旦お休みで、レンフェ252型電気機関車に集中。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えしますが、項目が入れ替わりますのでお気を付けください。1項目目はレンフェ252型電気機関車について、2項目は近鉄特急専用車両のお話しについてです。2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝特集」の「かもめ」編第3回です…

続きを読むread more

何がって、近鉄特急専用に変更できる18m車両を製作してみたらどうですか?

本日の話題の2本目は、「雑記」からです。実は、ある車両の制作を考えていて、その会議を開いたのですが、 この車両のことが話題になりました。以前、製作していたものですが、計画変更などの影響で変更されてしまうことになってしまいます。 ひそかに、この車両のグレードアップと同時に、大阪の地を越えて、宝塚、神戸(阪神線)、明石、姫路…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両の今後の計画と、これからについて…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両の今後の計画について、2項目はレンフェ252型電気機関車についてです。 2本目は、「雑記」からの予定としております。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。 …

続きを読むread more