アメリカ合衆国の車両をどう作るのか

本日の話題の2本目は「雑記」からですが、「∟車両部(新近畿車両)」と同じです。 実はここに触れていない車両があります。それは、アメリカ合衆国で活躍できる車両のことなのですが、機関車を製作している段階で、 そして、これをどうするのかですが、現在制作に向けて動き出して居ります。 現在、 こうなっております。と…

続きを読むread more

近鉄専用車両9020系と9820系の製作状況(運転台に関して)

皆様おはようございます。ここのところ、寒さが増しておりますが、体調管理に皆様は気をつけてくださいね。では、本日の話題へと参りましょう。毎度ながら2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は近鉄専用車両9020系と9820系の先頭車両について、2項目目は、台湾鉄路管理局DR2900型…

続きを読むread more

名列車列伝特集 特別篇「オリエント急行」が愛された理由 10

(N)さて、本日の話題の2本目は「雑記」からですが、今回は満を持してですが、「特別篇」をお送りします。 (Kt1641F)まあ、今回取り上げるのは、一番面白いといいますか、一番よく運航している「オリエント急行」を取り上げます。それでは、1208編成さんタイトルコールを! (Hs1208F)「名列車列伝特集」シリーズ特別篇「『…

続きを読むread more

近鉄専用車両9020系、今度はク9120型を製作(調整)中。

皆様おはようございます。寒さが身に染みるという季節になっていますね。ということで、本日の話題へと参りましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄専用車両9020系の調整作業について、2項目目は、海外関連についてです。 2本目は「鉄タビ」が終了したのに合わせて「雑記」の「名列車列伝特…

続きを読むread more

この後の車両の製作について。

本日の話題の2本目は「雑記」からですが、列車PI関連です。 実は、アメリカ合衆国で使用する車両の方は、何とかなっていますが、後は機関車のほうをどうするのか、現在検討を重ねております。この車両の台車は、 この通り、C-C式となっておりますが、これとは別に、下回りをB-B-B式にしようという動きもあります。ということは、 …

続きを読むread more

近鉄車両に関しての計画と、アメリカ合衆国で使用する車両などに付いて。

皆様おはようございます。本日も冷え込んでいますね。私も風邪を引きかけそうな、そんなこの頃です。さて、本日は寝不足ですという方も多かったのではないでしょうか、そういう中で、本日の話題へと参りましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄専用車両で借り物から大幅グレードアップ中の9020系…

続きを読むread more

名列車列伝特集 04-1「寝台特急の言葉を作った名特急! 01」

(N)昭和30年代に入り、日本は高度経済成長をへとかじを切る時代を迎え、人々ががむしゃらに働き、「貧しいけれど、明日がある」という時代を迎えました。鉄道でもそういう空気があったのか、続々と、現代を代表する特急列車たちがデビューすることになります。 (Kt1641F)本日から登場するのは、そういう時代の中で登場してきた列車です。とい…

続きを読むread more

近鉄専用車両の開発計画とアメリカ合衆国で使用する車両の製作に関して。

皆様おはようございます。朝夕の涼しさは冷え込みが少し厳しくなってきましたね。それより、北海道のほうでは台風並みの風が吹き、大変な被害が出ているとのことです。亡くなられた方にはご冥福をお祈りいたします。さて、本日の話題へと参りましょう。2本あります。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目目は…

続きを読むread more

大回りして大覚寺へ 12(最終回)

さて、本日の話題の2本目は「鉄タビ」から「大回りして大覚寺へ」の第12回、最終回となります。大阪へ戻る途中のお話しです。 私と「しまかぜ」氏が乗った大阪淀屋橋駅行特急は、午後5時に京阪祇園四条駅を出た後、京都市内の七条駅、丹波橋駅、中書島駅に停車して、大阪府内の樟葉駅、枚方市駅に停車、そこから大阪市の京橋駅、天満橋駅、北浜駅を…

続きを読むread more

近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系、あっという間に完成しました。

皆様おはようございます。なんだか、寒くなっておりますね。ということで、本日の話題へと参りましょう。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目目は近鉄特急専用車両兼用団体専用車両20000系「楽」が完成したというお知らせ、2項目目は、海外関連です。 2本目は、「鉄タビ」から「大回りして大覚寺へ」の第…

続きを読むread more