我乃旧姓者「真田」也 02

さて、本日の話題の4本目は「自伝」からですが、お約束通り連載2回目の原稿を持ってきました。 先ほどの話は、兄の真田信之のことで、弟についての記述は、真逆の話になる。 慶長五年秋の「関ヶ原の合戦」で、東西両極に別れた兄信之と、弟信繁の運命は、その戦いを期に、大きく変わる。弟信繁は、高野山九度山に幽閉されている。 信繁は、江戸…

続きを読むread more

「近鉄×京成」の話題と、近鉄旧型車両の製作について。

本日の話題の3本目も、「∟車両部(新近畿車両)」からです。 実は、「近鉄×京成」の車両についてですが、 さて、特急車両としては「3扉?」という疑問が起きますよね。 今回の車両たちについて、実際にどうするのか考えておりました。 そこで、近鉄の特急専用スタイルを採用しようと考えているところです。 …

続きを読むread more

受注作品についてのお話(実は)

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車両)」からです。 さて、本日の話題についてですが、実は、走行写真を手に入れてという要請があり、出荷がまだという状態です。特別仕様として製作しております。 実際に運転してみたところ、パンタフラフに関しての位置を変更して、架線範囲内に収める作業を終えて、特別仕様になっ…

続きを読むread more

あの日から5年。

皆様おはようございます。昨日は、あの日から5年を経た昨日、東北地方は、復興への道を加速させているところです。 さて、あれから5年の年月が経ち、周りの記憶は薄らぐばかりとなります。まあ、東京ではもちろん、こちらでは、来る「東南海・南海大地震」に備えての課題をどうするのか、私には気になることがあります。 実は、気にしているのは、…

続きを読むread more

近鉄×京成計画はどの段階に進むか?

本日の話題の2本目も、「∟車両部(新近畿車両)」からです。さて、 「近鉄×京成」はどうなっているのか、実は、特急車両の3扉車両があったことがわかっており、乗降の関係上、折り戸は使用していいのかという議論が起きております。 そのために、車両を引き戸として作り直すことになりました。 かつて、引き戸というと、22…

続きを読むread more