南阿蘇鉄道の復活はどうなる? 中編

本日の話題の2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」の「南阿蘇鉄道の復活はどうなる?」の中編です。 さて、前回の話で、「南阿蘇鉄道」と同じ状態に陥った「高千穂鉄道」のお話をして来ました。今回は、「南阿蘇鉄道」と同じ状態というより、もっと悪い状況から再生したあの有名な「三陸鉄道」のお話をしていきます。 今回の地震で大きな…

続きを読むread more

「近鉄×京成」車両の第2段本格始動。ただ…。その14

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目お伝えします。1項目は、「近鉄×京成」車両の第2段の18600系について、2項目目は、ユーロスプリンターの製作を中心に、話を進めていきます。 2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」の「南阿蘇鉄道の復活はどうなる?」の…

続きを読むread more

南阿蘇鉄道の復活はどうなる? 上編

本日の話題の2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から、「南阿蘇鉄道の復活はどうなる?」の上編です。今回の舞台は、再び熊本県の南阿蘇村が舞台となります。 阿蘇地方南部を走る「南阿蘇鉄道」は、南阿蘇村の立野駅から高森町の高森駅までを走る第3セクター鉄道です。その歴史は古く、昭和3年まで遡り、終点高森駅の手前で旧高千穂鉄道…

続きを読むread more

「近鉄×京成」車両の第2段本格始動。ただ…。その13

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から2項目お伝えします。1項目は、「近鉄×京成」車両の第2段の18600系を、2項目目は、ユーロスプリンターの製作を中心にお届けします。 2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から「阿蘇鉄道の復活はどうなる」というタイトルに変更…

続きを読むread more

ボランティアバスは違反とは…後編

本日の話題の3本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から「ボランティアバスは違法とは…」の後編をお届けします。昨日の続きとなります。前回の記事では、ボランティアバスが違法であるのかの実態等を取り上げました。 今回は、 ボランティアバスを頼っているボランティア側の視点が焦点となります。 さて、毎日新聞社の取材による…

続きを読むread more

「近鉄×京成」車両の第2段本格始動。ただ…。その12

皆様、1時間ほど前に戻ってきました。大阪市は暑かったですね。それでは本日の話題の2本目に参ります。「∟車両部(新近畿車両)」からですが、主に、2項目お伝えします。1項目は、「近鉄×京成」車両の第2段、18600系についてです。 ということで、早速ですが、18600系ですが、少しずつしか進まない状況です(なんてこった…

続きを読むread more

本日は、夕方から営業します。

皆様おはようございます。本日の話題は1本増やして、3本にします。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」ではなく、「お知らせ」で、2本目に「∟車両部(新近畿車両)」からの記事を持ってきます。本日は18600系とユーロスプリンターの製作、3本目は「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」のボランティアバスのお話をし…

続きを読むread more

ボランティアバスは違反とは…前編

さて、本日2本目の記事ですが、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」の「ボランティアバスは違反とは…」という話をお届けします。実は舞台は2か所以上あるので、その話をしていきます。 さて、ボランティア活動をする人たちを、輸送するためには交通機関を使用しての輸送が多くなります。それにおいて旅行業者が手配するバスも、ありますよね。ところが…

続きを読むread more

「近鉄×京成」車両の第2段本格始動。ただ…。その11

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2項目ではなく3項目お伝えします。1項目は、「近鉄×京成」車両の第2段18600系について、2項目目は、台湾鉄路管理局DR3100型ではなく、ユーロスプリンターの製作を中心に、3項目目は、明日のお知らせをお届けします。 2本目の記…

続きを読むread more

ボランティア活動に大学が参加した! 後編

さて、本日の話題の2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から「ボランティア活動に大学が参加した!」の後編をお届けします。 さて、この崇城大学が、どうしてボランティア活動に参加し、その拠点となったのかについて、お話していきます。 では、どうしてこうなったのか…について、お話していきます。 もともと、この崇城大は、…

続きを読むread more