近鉄旧型車両の製作状況(旧6431系製作開始)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄旧型6431系の話について、お話します。2本目は「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から、『僕を見つけてくれて、ありがとう」の後編です。 さて、近鉄6431系の製作をしているのですが、まだ何も手を付けておりません。そして、…

続きを読むread more

名列車列伝特集 06-2「日本版『フリーゲンダー・ハンブルガー』を飛躍させた名列車!2」

(N)それより、だいぶ長くなってしまいましたが、本日はすごいことになります。 (Kt1641F)本日は、特急「はつかり」の登場に関してのお話ですよね。 (Hs1208F)しかし、登場当初は、客車特急なのですよね…。どうしてだったのでしょうか…(?_?)。 (N)まあ、その理由がこれから明かされます。 (C62型)…

続きを読むread more

近鉄旧型車両の製作状況(旧6431系を製作することに)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄旧6431系について、2本目は、「名列車列伝特集」の「はつかり」編の第2回です。 ついにですが、旧6431系の製作に取り掛かることになりました。それと、EXPRESSロゴを搭載した2200系の製作も検討しております。 …

続きを読むread more

近鉄南大阪線臨時快速急行「さくら」号撮影レポ 13

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」シリーズの「近鉄南大阪線臨時快速急行『さくら』号撮影レポ」の第13回です。 私は、鶴橋駅で撮影を継続している中で、8400系8353編成を後ろにした難波駅行き急行が到着。 続いては、3200系の3705編成の難波駅行き普通が到着。 しかし、リニューアル塗装車両は、まだわからない状態で…

続きを読むread more

近鉄旧型車両の製作状況(旧6421系で止めるか…それとも)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄旧型車両の製作状況について、2本目は、「鉄タビ」シリーズの「近鉄南大阪線臨時快速急行『さくら』号撮影レポ」の第13回をお送りします。 それでは、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、 近鉄旧6…

続きを読むread more

相模原の惨劇は、ヒトラーの思想に影響を受けた

さて、本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から、相模原市の障がい者施設で起きた大量殺人事件の背景に迫ります。 昨月26日、その日は、ちょうど私が就職して初出勤の日となっておりましたが、朝のトップニュースで、「相模原市の障がい者施設で殺人事件発生」という一報に降れたのが最初です。 突然の凶行、そして殺害された人の数が、…

続きを読むread more

近鉄旧型車両の製作状況(旧6421系製作開始:4)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、近鉄旧6421系のお話を、2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より、「相模原の惨劇は、ヒトラーの思想が影響を受けた」をお話を予定しております。 では、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。 つ…

続きを読むread more

名列車列伝特集 06-1「日本版『フリーゲンダー・ハンブルガー』を飛躍させた名列車!1」

(N)さて、昭和33年といえば、日本の高度経済成長の時期と重なりますが、そのダイヤ改正で、新生電車特急の登場、客車特急の新型車両と新ジャンルの登場と、初物づくしの年でもありました。さらに言うと、東海道本線中心とはなったものの、もう一つの幹線に新たな特急を生み出すことになりました。 (Kt1641F)そして、その列車は、今に続く「東…

続きを読むread more

近鉄旧型車両の製作状況(旧6421系製作開始:3)

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、旧6421系についての話を、2本目は、「名列車列伝特集」から第6弾「はつかり」の登場となります。今回は、イントロダクションをお届けします。 旧6421系早速特急色のひな形が出来上がって来たという報告を受けました。 実際に…

続きを読むread more

僕を見つけてくれてありがとう。 前編

本日の話題の2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」から、タイトルがわかると思いますが、行方不明者のお話です。 実は、その話は、4か月前までさかのぼります。4月16日の本震で、土台事崩落を起こした南阿蘇村の立野地区で、 車とともに巻き込まれ、その場所がどこだったのかわからないまま、時間だけが過ぎていったのです。 …

続きを読むread more