真田丸を見に行こう! 12

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「真田丸を見に行こう」の第12回をお届けします。 さて、真田丸の中心部となっていた心眼寺を後にして、私とS氏は真田丸の攻撃施設分に向かうことにしました。実は、以前の回から何度も登場しているこの画像。実は、この画像の建物は、 付近にある高等学校の建物で、明星高等学校の制作物とい…

続きを読むread more

国鉄&JR183系気動車の製作は、JR北海道バージョンの500番台を製作中 その2

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、国鉄&JR183系気動車の製作について、2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「真田丸を見に行こう」の第12回をお届けします。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、前置きは、今まで考えられない殺人事件で暗…

続きを読むread more

トランプ狂騒曲による影響は? 下

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」の特別篇、下編をお届けします。 昨週水曜日の記事では、トランプ大統領の暴発を止めるために声を上げた人たちのお話をしていました。では、本日最終回となる今回の記事は、企業側から見たお話です。 4.リストラ組は喜んだとは? 実は、トランプ大統領の支持者との関係から、自己防衛的な要素が…

続きを読むread more

国鉄&JR183系気動車の製作は、500番に向かって進んでおります。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、国鉄&JR183系気動車の製作について、2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」のアメリカ合衆国特別篇をお届けします。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、前置きは時間があまりないので、省略して、本題に…

続きを読むread more

名列車列伝特集 08-07「北海道の特急網の形成と、成長に貢献し、発展させた名列車! 07」

(N)本日の話題の2本目は、「名列車列伝特集」からですが、さて、昭和40年代も後半に入り、高度経済成長期の真っ只中を走っていた北海道特急に異色の列車が出現します。 (Kt1641F)それは、航空系列との運用強化を主軸とした異色の特急列車となりました。それが、「おおぞら」たちの運命を大きく変えることになります。昭和40年代後期の列車…

続きを読むread more

国鉄&JR183系気動車の製作は、JR北海道バージョンの500番台を製作中

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、国鉄&JR183系気動車の製作が新段階に向かっているというお話、2本目は「名列車列伝特集」の「おおぞら」編の記事です。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」の国鉄&JR183系気動車の製作について、今の状況をお話…

続きを読むread more

真田丸を見に行こう! 11

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「真田丸を見に行こう」からですが、さてお話がどこまで来たのかといいますと、 丁度、真田丸の表側、北側入り口に出てきました。松江藩藩士宅に保管されていた史料では、この場所がちょうど、豊臣軍側の入り口になり、大坂城から伝令で、秀頼からの命令及び、信繁からの戦況報告の使者が、行き来してい…

続きを読むread more

国鉄&JR183系気動車の製作は、JR北海道バージョンの0番台を製作中、実は

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から国鉄&JR183系気動車の製作について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「真田丸を見に行こう」のお話です。 では、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」の記事ですが、前置きは、犯行グループが11人という、衝撃的なお話…

続きを読むread more

日韓合意反故? その6:本当の問題は? 3

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」より、「日韓合意反故?」の第6回です。 大韓民国政府が、問題解決ができなくなってきている中で、ソウルと釜山の少女像設置に問題があるのでは、との見方を示す動きが、実は大韓民国国内の一部で動き始めています。 それが、釜山とソウルの間にある都市、大邱です。この場所で、実は慰安婦像が設置…

続きを読むread more

国鉄&JR183系気動車の製作は、JR北海道バージョンのスーパーとかちDW車を製作中

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、国鉄&JR183系気動車の製作について、2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」から「日韓合意反故?」の記事の続編です。 では、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」に行く前に、実は、金正男氏の暗殺について、様々な事…

続きを読むread more