名列車列伝特集 08-18「北海道の特急網の形成と、成長に貢献し、発展させた名列車! 18」

(N)本日の話題の2本目は、平成10年代前半から、20年代に入ってのお話です。 (Kt1641F)しかし、いきなり飛んでいきますね。 (Hs1208F)そうですよね。どうしてこうなったのですか? (N)実は、今回は「おおぞら」以外のお話をしていくのですよ。 (Kt1641F)では、「北海道の特急網の形成と、成長に貢献…

続きを読むread more

近鉄通勤車両8000系シリーズの車両について、限定セットではなく通常作品として公開することにします。

皆様おはようございます。本日の話題の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄通勤車両8000系シリーズとその他のお話を、2本目は「名列車列伝特集」の「おおぞら」編の第18回、この回は、特急「北斗」以下のお話をしていきます。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、その前…

続きを読むread more

熊本地震前震から1年。

本日の話題の2本目は、「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」の記事です。丁度昨年の4月14日午後9時23分に震度7を観測する地震が発生したのですが、この時に「パナマ文書問題」の記事を書こうとした直後に、いきなり「地震発生」という項目が出てきて驚いて、その記事を変更して、簡単に注意を呼び掛ける項目と、動画を放送しているリンクを張っていたこと…

続きを読むread more

近鉄通勤車両8000系ラインデリア初期

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄通勤車両8000系電車の製作について、2本目は「がんばろう熊本【熊本大地震関連】」の記事からです。実は、本日は「熊本大地震」から1年です。その特集も同時にお話していきます。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)…

続きを読むread more

お魚さんを撮影って? 05

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「お魚さんを撮って?」の第5回になるのですが、今回は「鉄分」少なめです。ちなみに、この「鉄分」の意味ですが、「鉄道要素」という意味です。よく食べる鉄分ではありませんので、ご了承くださいm(_ _)m。 さて、 私とS氏は淡島神社にいたのですが、実は、この「淡島信仰」を知るきっかけとなっ…

続きを読むread more

まあ、あとは手を加えるなりなんなり…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄通勤車両8000系の初期車両の製作のお話と、2本目は「鉄タビ」本編から「お魚さんを撮って?」の記事です。 実は、昨夜の2本目の話について、多くの新聞社が掲載しているのですが、大韓民国への渡航に暗雲が漂っているとの話がありま…

続きを読むread more

激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か? file6

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」から、「激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か?」のファイル6です。 実は、緊急のお知らせがありますが、実は、明週からアルバイトでですが、ある企業で働かせていただくこととあいなりました。あくまで、試験期間なので、どうなるのかは、21日以降明らかになります。頑張ります。 さ…

続きを読むread more

すいません。あっさりできました…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄通勤車両8000系について、2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」の特別篇をお届けします。 最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、前置きは時間の都合上ありません。どういうことかと言いますと、明日は、…

続きを読むread more

名列車列伝特集 08-17「北海道の特急網の形成と、成長に貢献し、発展させた名列車! 17」

(N)本日の話題の2本目は、「名列車列伝特集」の「おおぞら」編ですが、今回からは、Wikipediaも併用で、記事を書いていきますのでよろしくお願いします。 (Kt1641F)今回のお話が、20年のお話になってきたわけですよね。 (Hs1208F)しかし、Wikipediaの話だけでなく、様々なサイトのお話から拾っていくので…

続きを読むread more

近鉄8000系初期車両の製作は順調。

皆様おはようございます。本日は雨となっておりますが、花チラシの雨になりそうなうえ、寒さがきびしい感じですね。そんな中で、本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄通勤車両8000系初期車の製作を、2本目は「名列車列伝特集」の「おおぞら」編の平成11年以後のお話です。 最初の記事は「…

続きを読むread more