あれから24年(パート2)

(N)本日の話題の2本目は、「雑記」から、阪神淡路大震災の特集をお送りします。今回は、阪急電鉄のお話です。 (Hk7013F)私がお話するのですが、よろしいでしょうか? (N)あなたしかいませんので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。 (Hk7013F)分かりました。では、話を始めます。私は震災当日の朝、西宮…

続きを読むread more

南海電鉄20001系は完成しました!

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系のお話です。2本目は、「雑記」から日記みたいなものです。 最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系についてです。 なんと、室内モデルの導入が完了し、あとは、車両の説明文の追加を行っているところ…

続きを読むread more

一三さんが追いかけた夢(阪急レールフェア) 08

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「一三さんの追いかけた夢」の第8回をお贈りします。 さて、私と天空氏の二人で、会場内を移動中の状態ですが、その前に解説を入れておきましょう。昨週からの解説は、「デザインの共通化」がテーマでした。では、近鉄の一般車両はどのように変わっていたのか、その変遷をお話します。 実際に、一般…

続きを読むread more

南海電鉄20001系の製作は、モハ20002型の室内モデルですは、1251型が導入済みとなり、クハ1900型へ移行。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系の室内モデルについて、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「一三さんの追いかけた夢」の第8回をお届けします。 最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系モハ20002型の室内モデルについてのお話です。 …

続きを読むread more

名列車列伝特集 13-02「紀伊半島の縦断した名特急02」

(N)本日の話題の2本目は、「名列車列伝特集」の第13弾となりますが、今回のお話は、「くろしお」編です。快速「黒潮」号の時代のお話の続きとなります。 (Kt1641F)しかし、快速列車が戦前に初めて登場したのは、驚きでした。 (Hs1208F)それにしても、急行列車が運転できるといわれておりますが、国鉄で最後に全通した路線だ…

続きを読むread more

南海電鉄20001系のミュージアム版の室内モデルの1251型は2組増結させることになりました。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系のミュージアム版の導入編、2本目は「名列車列伝特集」の「くろしお」編第2回で、戦後直後の紀勢本線のお話をしていきます。 最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系のミュージアム版についてです。 …

続きを読むread more

「いこーや、なごーや」、リニア館への旅 26

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「いこーや、なごーや旅」の第26回となります。 さて、神宮前駅での撮影を続けている私と、S氏は撮影を続けていて、続いては、どうしようかと、考えていました。 とにかく、いったん出たほうがいいのでは、ということで、改札口に出ました。実は神宮前駅の「神宮前」の意味は、「熱田神宮」のことを指し…

続きを読むread more

南海電鉄20001系の製作は、モハ20002型の室内モデルですが…(^^;。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系について、2本目は「鉄タビ」から「いこーや、なごーや旅」の第25回です。 最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系についてですが、展示モデル中身ですが、 下の台車の一体化を進めております。そし…

続きを読むread more

あれから24年

(N)本日の話題の2本目は、急きょ変更して「雑記」ではありますが、阪神淡路大震災のお話です。 (Kt1641F)私は、生まれていたか定かではありませんが、先輩は生まれていたので、話は聞いていましたよ。 (Hs1208F)基本的に私は、阪神淡路大震災という地震すら、ナレーターさんのお話から聞いたくらいですので、かえって知らない…

続きを読むread more

南海電鉄20001系のミュージアム版の室内モデルは、1251型を導入することに…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系について、2本目は「雑記」から日記みたいなものです。 最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系ですが、 なんと、導入する1251系の作業が始まっております。試しに、1両だけ置いてみるところから…

続きを読むread more