列車の形は違えども...。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりましたね(*^-^)。さて、蒸気機関車についてのお話ですけど、テンダーの車両の大まかな話が出てきました。ベースはC62ですが、長さを1.5倍に伸ばします。もはや、日本の蒸気機関車ではないことを、強調した感じになります。 ま…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系ですが、A-23型は、A-22型とは異なり…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-23型についてです。寝台特急専用車両のA-20系のA-23型についてですが、A-22型のベースは使用するものの、個室の数…

続きを読むread more

蒸気機関車の製作は...ここまで来ました。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりました。さて、最初の記事の続きですけど、蒸気機関車の「CJ8-c」型の製作は、ここまできております。テンダーについてですが、こちらは、C62のテンダーを大改造することとなりました。そして、その間にヘッドマークを製作しておりま…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系のA-22型は完成、続いては、A-23型へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型についてです。実は、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型ですが、1000番も製作できました。そのあ…

続きを読むread more

近鉄特急で「天理臨」を見る…。02

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「近鉄特急で「天理臨」を見る…。」ですが、本日は、2回目です。 さて、鶴橋駅を出て、大阪府内を東に行くのですが、快速急行と違い、大阪府内の駅にも停まって行くのが急行の特徴ですので、さっそく、東大阪市の主要停車駅である布施駅に停車。ここで、通過する特急を待つことになるのです。ただ、その列車が…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系はA-22型の製作が佳境に入っております。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」のお話になります。実は、今回、臨時に1本増便する可能性がありますので、その点をご了承ください。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型の製作についてです…

続きを読むread more

名列車列伝特集 14-01「対九州特急の新ジャンルを築いた名特急01」

(N)本日の話題の2本目は、「名列車列伝特集」となりますが、本日から対九州特急の新ジャンルを築いた列車が、今回のタイトルとなります。(Kt1641F)さて、今回の列車は、どなたになるのでしょうか…。(Hs1208F)私も、気になります。本人に登場していただきましょうか。ということで、「名列車列伝特集」は「対九州特急の新ジャンルを築いた名…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系のA-22型ですが、資料を読み返すと…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型のことで、2本目は「名列車列伝特集」の新シリーズ「あかつき」編がスタートしますので、そちらとなります。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型についてですが、実は、窓枠の寸法及び、シャ…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 20

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の記事の最終回となります。 さて、「近鉄鉄道祭り」の記事も長い記事も、そろそろゴールが見えてきました。さて、ラストですが、この画像からもわかる通り、鉄道バー「駅」の記事となっていくのですが、実はその前に、実際に、鉄道バーでは多くのお方とお会いできたのですが、実は、名阪甲特急関係で面白…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系のA-22型は、間取りをどうするのか検討中。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型について、2本目は「鉄タビ」本編から、「近鉄鉄道祭り」の記事となります。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型についてですが、全然変わっていませんが、実は間取りを改良することを検討し…

続きを読むread more