車輪(動輪)は幅だけ広げる?

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハードでした、暑くなりましたね(*^-^)。さて、問題の蒸気機関車についてです。「CJ8-c」と「CJ8-d」の関連してですが、動輪の関係から、軌間の幅を広げる工事が必須であることがわかってきました。動輪は、最大級の「CJ8-c」がC62、…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系のA-22型は、どうなったのかといいますと…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型の製作についてですが、実は、ここまで進んできている状態です。なんと、下をシャワールームを装備する形に変えると同時に…

続きを読むread more

さらに、構成を煮詰めて行きます。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハードでした。それと、暑くなりましたね。さて、蒸気機関車のことですが、ヘッドマークの取り付け位置のことで気になることが出てきましたも今回のデザインの大元となるニューヨークセントラル鉄道J-3型機関車は、ヘッドマークの取り付け金具がないことが…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系はA-22型を製作しています。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系についてですが、A-22型の製作が始まっております。実は、こんな感じです。説明していきますと、隣り合わせの窓の狭い部分までを、…

続きを読むread more

貨物機関車は、「ミカド」型ではなく、「バークシャー」型を選択。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きです。 本日もハード、暑くなりました。さて、最初の記事の続きですけど、昨夜の記事の事を思い出していただくとわかるのですが、新型蒸気機関車の形式で、「CJ8-d」をD52ではなく、D62とすることで、システムの意見はまとまりましたとお伝えしましたが、実は、蒸気機関車の…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系ですけど…(-_-;)。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系です。2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系についてですが、A-22型の製作ですが、実は、今回のA-22型は、二人用個室A寝台を中心とした車両ですので、イメージとして、こちら…

続きを読むread more

もしかしたら、システムは...。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりました。さて、最初の記事の後半で、取り上げました蒸気機関車についてですけど、システムは、まだなれていない関係で、既存のシステムの流用とする事になりました。ハドソンとなる「CJ8-c」は「C62」のシステムを、「CJ8-…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系は、A-21型が完成、続いては、A-22型を製作していきます。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のお話です。2本目は「雑記」からの記事です。 では、最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作についてです。実は、A-21型の製作が終わりました。続いては、A-22型の製作を行っていきます。実は、A-21型…

続きを読むread more

近鉄特急で「天理臨」を見る…。01

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「天理臨」の撮影旅のお話です。さて、「天理臨」を話す前に、天理臨が運転される理由となる「天理教」とは何だということから話を起こす必要があるので、「なるほど…わからん。」と言った方にもわかりやすく説明いたします。 さて、「天理教」は江戸時代に誕生した新興宗教団体とされておりますが、その教祖は…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系、内装追加工事(お忘れでした(-_-;))

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系について、追加工事の報告、2本目は「鉄タビ(臨時便)」の天理臨撮影をお届けします。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系についてですが、実は、忘れていたことがありました。実は、室内灯の装備していないことが発…

続きを読むread more