寝台特急専用車両のA-20系の製作

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は「鉄タビ」から「桑名・養老鉄道の旅」をお贈りします。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作についてです。システムの製作以外のヘッドマークなどの製作を続けております。新たに、「北…

続きを読むread more

対象編成がまとまりました。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、雨降りでしたが、暑くなりましたね。最初の記事の続きですが、近鉄田原本線100周年記念車両第2弾の架空編成に就いての情報です。まず、阪神車両は8600系の8621編成が、続いて京阪電鉄カラーは8800系8802編成が選ばれることとなり…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系の製作ですが、幕をまだ製作中。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作についてですが、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作ですがよろしくお願いします。実は製作中なのですが、国内線の幕の割り当てが、何とかできてきております。あとは国…

続きを読むread more

近鉄田原本線の車両計画は?

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりました。で、最初の記事の続きですが、近鉄の田原本線100周年記念車両の製作に就いて、ある意見が出てきました。実は、コラボ車両に阪神の「赤銅車」を製作すると、書いておりましたが、京阪の一般車両とのコラボ車両も検討に入っておりま…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系の製作は、幕の製作を急いでおります。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作ですが、新規幕の製作とテールマークの製作を急いでおります。これをもとに、製作していきます。ちなみに、「西海」ですが…

続きを読むread more

どうする

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりました。さて、最初の記事の続きですが、阪急の京都線のクラシック車両に就いてのお話ですけど、近鉄のクラシックシリーズよりどちらを優先するかでもめております。京阪と近鉄のコラボ車両の製作も急ぐ必要がありますが、先ずは、田原本線1…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系の製作で…、システムの製作は…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作についてです。実は、まだ、幕のシステムの製作中です。そして、列車名の変更などを行っております。「山陽」が「瀬戸3/…

続きを読むread more

なんとかできれば。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の話題の続きとなっております。 本日もハード、雨降りでしたが、暑かったです。さて、最初の記事の続きですが、一昨日に、阪急電車の書籍を購入したのですが、今回P-6の詳細設計図が出てきて驚いています。また、阪急の1010系の参考となる設計図も出てきているため、製作に弾みができそうで…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系の製作は、さっそく幕設定を開始しております。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作についてです。実際に、列車設定を開始しました。何とか設定できると考えております。 まあ、回送列車の状態は、近鉄特…

続きを読むread more

まさに。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりました。さて、最初の記事の続きですが、実は、サニタリーシステムの工事に就いてですが、旧型車両の導入も進めています。 こちらは、和式です。まだ、系各段階ですが、頑張ります。と言うことで、それでは。

続きを読むread more