寝台特急専用車両のA-20系の製作についてですが、サニタリーシステムの導入した後は、個室ドアの製作を続けております。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作についてです。2本目は「鉄タビ」から「桑名世・養老鉄道」の旅をお届けします。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作ですが、こんな感じで、トイレなどを設置しておりました。それ以外にも、シャワー器具…

続きを読むread more

まあ、本日は。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きです。 本日もハードでしたが、台風の影響で、早く帰ることができました。さて、最初の記事の続きとなるのですが、実は、寝台特急専用車両のA-20系とは異なり、実は近鉄車両のことです。イレギュラー車両などにサニタリーシステムの導入してきていますが、それで、寝台特急専用車両…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの導入状況

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの導入について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの導入についてです。実は、実は、サニタリーシステムの導入は、じっさいに寝台がほぼ…

続きを読むread more

となると

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりましたし、台風も心配ですね。さて、寝台特急専用車両の製作中に、計画しておりましたJR北海道の架空特急気動車の計画をしていると言う話をしました。その列車に対応できる連結器と、グリーン車両の製作に時間を割くことになりそうです。そ…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの導入は、洗面台設置工事に入ります。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの導入について、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの導入について、さて、サニタリーシステムはトイレの導入となっているのですが、あと…

続きを読むread more

まだかな...。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、暑くなりました。さて、最新の記事の続きですけど、また、寝台特急専用車両の製作のお話ですけど、サニタリーシステムの開発に関しての作業が順調に進んでいます。個室扉の製作も同時に進めないといけませんが、サニタリーが先行している状態です。な…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの施工について。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムの施工についてです。2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のサニタリーシステムについてです。さて、施工している車両は、寝台車両2種類と、寝台とクシェット合…

続きを読むread more

お知らせです。

本日の話題の臨時便として3本目を出します。 昨日1日いっぱいを使いまして、高松を旅しておりました。琴琴電と金毘羅山も訪れておりました。今回の旅については、「鉄タビ」本編でご紹介いたします。 実は、このお話ではなく、実は「鉄タビ」シリーズが分割する可能性が出てきました。どういうカテゴリで分けるのかそれを考えているところです。 それで…

続きを読むread more

寝台特急専用車両のA-20系ですが…。

本日の話題の2本目は、「∟車両部」からとなります。寝台特急専用車両のA-20系の製作についてですが、 実は、昨日は作業ができなかったことから、明日から作業を再開いたします。ということで、報告は以上となります。 それでは失礼いたします。

続きを読むread more

近鉄特急で「天理臨」を見る…。 05

皆様おはようございます。ではありませんね(-_-;)。こんにちわ。本日の話題は、昨日の記事での変更ですので、最初の記事が「鉄タビ(臨時便)」からとなり、2本目の記事が「∟車両部」からに変更します。 最初の記事ですが、「鉄タビ(臨時便)」です。さて、平端駅にの撮影が続いていたのですが、そろそろ、難波方面に戻ったほうがいいのでは、というこ…

続きを読むread more