そうですね。

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなっております。 本日もハード、腰が急に痛みだしたこの頃です。さて、最初の記事の続きですけど、今回のネタはこちらです。実は、仮出力で出したのですか、シャワールームのドアなどのサニタリーシステムの課題をどう克服するか、議論を重ねております。 どうするのかは、まだわかりませんが、…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムについて、さっそく導入開始へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについて、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」からですが、一つお詫びがあります。近鉄特急のサニタリーシステムで、スナックカーの12200系、サ12120型…

続きを読むread more

まあ、賢く?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなっております。 本日もハードでした。寒くなってきましたね。さて、最初の記事の続きは、こちらです。架空通勤気動車237系の製作再開時期が、未定の状態でどうするのか、話し合っている状態です。 年明けとなるのは、間違いない状況ですが、頑張ります(*^-^)。 と言うことで、それ…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムは、12400系から…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについて、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は近鉄特急のサニタリーシステムについてです。12400系から始まるということになりそうです。対象は、サ12550型とク12500型となります。1240…

続きを読むread more

真逆?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなっております。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きですけど、こちらのことですが、国際特急使用の車両と共に、フェリーの製作も検討しております。今回初の試みで、鉄道車両と言う形で、製作する予定としております。 と言うことで、それでは。

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムの導入は、ビスタカー3世とサニーカー系統に…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムについて、2本目は「雑記」からの記事です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」からですが、ついに、サニタリーシステムの導入に踏み切るのは、この4種類、ビスタカー3世を含むサニーカー系統で…

続きを読むread more

阪神なんば線開業10周年記念旅 07

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「阪神なんば線開業10周年記念旅」の第7回です。 さて、鶴橋駅に戻ってきた。私たち3人組は、さっそく撮影を開始しました。さて、解説をしたいのですが、実は近鉄が再び世代交代を行うという話が出てきておりますが、実は、近鉄特急の車両はたくさんありますが。実は、私は何種類か乗っているのですが。私が…

続きを読むread more

近鉄新スナックカーのサニタリーシステムは、システムによる導入を経て完成します。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から、近鉄特急のサニタリーシステムについて、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「阪神なんば線開通10周年記念旅」をお届けします。 最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から、近鉄特急のサニタリーシステムについてです。ついに、1…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムは、新スナックカーに移行。

本日の話題の2本目は、予告通りですが「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から、近鉄特急のサニタリーシステムについてです。 さて、近鉄特急のサニタリーシステムは、新スナックカーの12200系の製作に向けて、ついに、サニタリーシステムの導入工事が始まりましたが、そのあとで、システムの改良に取り掛かります。製作している中で、この後はサニー…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 08

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」ではなく、昨日の2本目だった「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第8回、2本目は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」からの記事をお届けします。もしかしたら、3本目に「名列車列伝特集」の「あかつき」編ですが、もしかしたら書かない…

続きを読むread more