名列車列伝特集 15-03 「九州男児の本懐ここにあり! 九州の幹線を結ぶ特急 03」

(N)さて、本日の話題の2本目は、「名列車列伝特集」の「有明」編の第3回ですが、今回は戦後初期の話に入ります。実は「有明」の名前は後半に少し出てきます。(Kt1641F)あの、今回は歴史的なお話もするのですよね。(N)その通りです。今回のお話は、関門海峡トンネル開通のお話も含まれておりますが、それも含めて今回のお話の中身です。(Hs12…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムの導入は、「桜ライナー」の完成へ!

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入、「桜ライナー」のサニーカーのサニタリーシステムの導入工事のこと、2本目は「名列車列伝特集国内編」の「有明」のお話です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリ…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 18

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「金毘羅山へ祈りと撮影旅」の第18回です。 さて、三宮へ私とS氏は、三宮フェリーターミナルに到着し、大阪方面に戻っていきます。三宮駅に向かいます。この三宮駅から、大阪難波方面に向かいます。実は、今回の旅ですが、数時間ほど遅れていたため、深夜近くとなっておりました。それで、乗車したのが、阪神大阪梅田駅…

続きを読むread more

2020年01月29日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄「桜ライナー」のサニタリーシステムは、リニューアル車両へ。』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/E9awXWvxds at 01/29 23:00

続きを読むread more

近鉄「桜ライナー」のサニタリーシステムは、リニューアル車両へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入について、2本目は「日常」からの記事ではなく、「鉄タビ」から「金毘羅山へ祈りと撮影旅」です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入についてです…

続きを読むread more

製作を再開。

本日の話題の2本目は、「日常」からの記事ですが、タイトルの通りで、日記と最初の記事の続きとなりますけど、拡大版です。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、拡大版と言いました。ネタは当然のことながら、こちらです。ついに、架空特急気動車"¥系の製作を再開しておりますけど、なかなか、前に進めない状況が続いています。車両…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムは、「桜ライナー」に入っております。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入について、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入についてです。さて、近鉄特急のサニタリーシステムの導入工事です…

続きを読むread more

なんたって

本日の話題の2本目は、「日常」からの記事で、日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きですけど、ネタはこちらです。架空特急気動車の265系のことです。こちらもサニタリーシステムをオブジェクトでは取り付けていますが、システムはまだ製作していない状態です。 そのため、サニタリーシステムの導入工事も同時…

続きを読むread more

2020年01月27日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄特急のサニタリーシステムの導入は、忘れていたのですが…。』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/ENWA33SHDg at 01/27 23:05 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『成せば…

続きを読むread more

近鉄特急のサニタリーシステムの導入は、忘れていたのですが…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入について、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は、「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」から近鉄特急のサニタリーシステムの導入についてです。実は、21020系のテストは無事に終了したことに…

続きを読むread more