近鉄通勤車両クラシック版の車両製作ですが、どうやら…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版について、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版についてですが、改めて、行先表示器を搭載していない車両を調べていくと、8400系の…

続きを読むread more

何せ?

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタはこちらとなります。山陽電鉄通勤車両のリニューアルについてですけど、既存の車両構成ではなく、新規作成の方向で製作を検討中です。それと、近鉄特急専用車両80000系「火の鳥」も製作の会議で、製作を検討中です…

続きを読むread more

2020年10月20日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『できなかったものまで…。』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/ffe7pAJK7S #Railsim at 10/20 21:42 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『やりましょう!』”新”青…

続きを読むread more

できなかったものまで…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版について、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版についてですが、1970年代デザイン車両の90年代版の製作の表示板のみの車両の製作…

続きを読むread more

やりましょう!

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタはこちらとなります。無塗装車両のお話ですけど、まだまだ、製作段階に入れない状態が続いております。 車両の製作は、簡単なので、すぐ終わると考えております。と言うことで、それでは。

続きを読むread more

なんとか、車両の更新作業を急いでいる途中です。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版についてです。2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版についてです。さて、1970年代デザイン車両の90年代版の製作が、システム編に…

続きを読むread more

まあまあ。

本日の話題の2本目は、「日常」から日記と最初の記事の続きとなります。 本日もハードでした。さて、最初の記事の続きとなりますけど、ネタはこちらとなります。無塗装車両のお話です。1980年代デザイン車両の形をどうするのか、現在検討中です。詳細は追ってお知らせ致します。 続けて、寝台車の製作で止まっております、ED710型についてです。こ…

続きを読むread more

2020年10月18日のつぶやき

4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小寺啓之『近鉄通勤車両クラシック版の70年代デザイン車両ですが…。』”新”青森駅行日本海3号ブログ|https://t.co/rwcoQ54ciW #Railsim at 10/18 21:55 4001Nihonkai3 / Railsim新近畿車両製作所&小…

続きを読むread more

近鉄通勤車両クラシック版の70年代デザイン車両ですが…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版について、2本目は「日常」からの記事です。 最初の記事は「3:新近畿車両株式会社(NKTF)」から、近鉄通勤車両クラシック版のお話です。近鉄通勤車両クラシック版ですが、1970年代デザイン車両の90年代版の…

続きを読むread more

気になっていることがありますか?

本日の話題の2本目は「今の社会はどこへ向かう」の記事です。 本年の春から、ずっと続いてきた新型コロナウイルスの影響、それは次世代社会を構成するコンセプトとなるSDGsにも影響を与えているという話が、本日付の朝日新聞に掲載されておりました。実際に言うと、持続可能な世界を目指すというSDGsですが、その目標に向けての障害となる部分として、…

続きを読むread more