近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 14

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の記事となります。


さて、

DSC00217.JPG

私と、「天空」氏の二人は、一旦外に出て、「近鉄鉄道祭り」でいつも楽しみにしている「アナウンス体験コーナー」に入ってきました。

DSC00210.JPG

しかし、「天空」氏は乗る気ではないため、今回はお預けとしました。また次回にということですね。

そこで、ある探検ツアーに参加することにしました。それを動画に収めております。

DSC00211.JPG

と、その前に12411編成を撮影した後、

DSC00213.JPG

こちらに入ることになります。使用されている編成は、22000系の2両編成。


実は、この車両は平成2年に誕生した車両です。特急車両として運転していたのです。22103編成は2両固定編成です。その2両編成を2編成繋げるなどで運用していく車両です。もともとオールモーター車両であるため、山越えを行っております。

DSC00214.JPG

さて、ツアーを終えてみたところ、床下が配置がすごいことになっておりました。特急用車両の床下を見ることができたわけです。


DSC00215.JPG

そして、この後は私と「天空」氏は、一旦外に出ることになりました。

DSC00216.JPG

再び、「アナウンス体験コーナー」に戻ってきたのです。そして、

DSC00218.JPG

再び、工場内に戻ってきたのですが、

DSC00219.JPG

電動貨車のモト75型が綱引き車両として頑張っておりました。さらに、

DSC00223.JPGDSC00222.JPG

2430系を用いての機内構造を解説していたブースを担当していたわけです。

DSC00226.JPG

ということで、次回はさらに車両工場を探検することになります。

それでは、次回をお楽しみに。


<<<PREVIEW 13                               NEXT 15>>>

この記事へのコメント