阪神架空特急車両6400系のシステムは製作中です。おそらく…(-_-;)。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、阪神架空特急車両6400系について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」の記事となります。その関係で、明後週の4連休の予定についても、お知らせいたします。

最初の記事は「∟車両部」から、阪神架空特急車両6400系についてです。
スクリーンショット 2019-06-09 10.19.19.png
実は、現在システム改良工事が急ピッチで進んでいるのですが、スイッチが少なくなったのに比べて、新たにヘッドマークのマウントディスプレイの項目が追加されているため、その作業が今回入っているためか、週明けには、完成する予定という連絡が入ってきました。完成に関してはかなり遅れているという状況です。

楽しみにされておられる方には、大変申し訳ございませんが、もう少しお待ちください。

また、この後の計画では、2つの車両の同時製作を行っていきます。一つ目は、近鉄田原本線100周年記念ラッピング車両セットの第2段となる、8400系8409編成を主軸とするセットです。Seesaaブログのお方には、説明が必要ですが、
イメージ 3
私は、1年ほど前に、田原本線100周年記念ラッピング車両を撮影してきました(上の画像が昨年4月1日撮影分{場所は西田原本駅})。それをもとに、第1弾として近鉄田原本線100周年記念ラッピングセット1を製作したのですが、実は、それ以外にも近鉄ダークグリーンをまとった第2編成がいるので、それを昨年の「近鉄鉄道祭り」で撮影し、今回製作すること考えていました。
イメージ 4
(上の画像がそれ)
そこで、今回製作に着手することとしました。手がける形式は3種類です。本体の8409編成はもちろん。付属品として820系ダークグリーンに彩られた色を再現します。3種類目は、イレギュラーですが、阪神電鉄と早期乗り入れができたら、こんな色もあったのではということで、赤同車(旧色)の塗装となった8600系を製作する予定です。編成は、8621編成を選ぶことにしました。

それと、近鉄以外で本格的な製作となるのが、阪急電鉄京都線クラシック車両計画です。こちらは、100型の系統を製作されておられる方が多いことを念頭に、それを補助する700型(京都線版)と710型を中心として製作する予定です。種類が少ないので、100型にも手を出そうかと考えているところです。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント