近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 16

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の第16回です。

DSC00239.JPG
さて、私と天空氏は2人は、再び売り場ブースに戻ってきました。そこから、どこに向かうのかといいますと、
DSC00240.JPG
近鉄バスと、グループの奈良交通バスのブースです。このブースは、大阪府内を走る近鉄バスと、奈良県内を走る近鉄グループホールディングス傘下の奈良交通バスの紹介を行うブースで、実は面白い、バスも出てきております。2階建てのバスが、展示されておりますし。
DSC00241.JPG
これで、大阪の街を見上げることができるというわけです。実は、大阪府内などを訪問する外国のお方が多くなっていたことから、大阪観光を成功させるための一つとして、このオープンバスは役に立ちそうですね。それと同時に、面白い営業路線を持つ奈良交通バスでは、一昨年の5月に、榛原の近くの大宇陀に行ってきたフェスタでも紹介したのですが、
DSC00243.JPG
こちらは、かつての奈良交通で使用されたカラーリングのバスです。実は、このカラーについては、以前「鉄タビ」の記事で紹介したのですが、
DSC00248.JPG
このバスは、奈良市内を走っているのですが、ただ、一度も走ったところを見たことがないのですよね(-_-;)。
DSC00247.JPG
このシカのマークですが、このシカは昭和47年に登場したのですが、その理由は、奈良県の観光が発展するきっかけとなった大阪万博です。それによって、関西県内観光がたくさんできるというわけです。
DSC00245.JPG
ということで、次回は、鉄道模型の紹介ブースへと向かいます。ということで、次回をお楽しみに。それでは。

<<<PREVIEW 15                        NEXT 17>>>

この記事へのコメント