近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 17

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」からです。

DSC00245.JPG
さて、私と「天空」氏の二人で、バスのブースを後にしたのですが、
DSC00249.JPG
その前に、この光景を見てから行きましょうか…。
DSC00250.JPG
いつか乗ってみたいですね。「青の交響曲(シンフォニー)」ですけど、いつ乗れるか…。
DSC00251.JPG
で、さっそく、鉄道模型コーナーへ。50000系「しまかぜ」と、5200系の急行でしょうか。
さて、続いての話ですが、
DSC00252.JPG
そして、上の階層でまたまた登場は、50000系が再登場が登場してきました。Nゲージでは、大量生産されているから、ということで、
DSC00253.JPG
23000系ですが、これは登場時の編成ですね。23000系は6編成あるのですが、そのうち、奇数編成が赤い伊勢海老、偶数編成が黄色のだし巻き卵編成となりました。そして、
DSC00254.JPG
そして、この車両は、阪神1000系が通過していきます。
DSC00255.JPG
さて、ヤード部分では、アーバンライナーなどがたむろしておりましたが、次は、どの車両を運転するのか、担当者が協議中。
DSC00256.JPG
そして、やってきたのが22000系と21000系のブツ4が通過中。実は、この編成は、実際にやったネタだそうですが、鉄道雑誌に掲載されていたものです。その編成をさっそく模型でやってしまったわけですね。
DSC00257.JPG
DSC00258.JPG
そして、高架線では30000系のビスタカー4世と、12200系の4両編成の8連連結の特急が通過。
DSC00259.JPG
そして、こちらはHOゲージです。数多くの車両がいますね。
DSC00260.JPG
9020系と8600系の6両編成ですが、おそらく区間準急に充当される編成かもしれません。
DSC00261.JPG
こちらには、21000系が中心となりますが、何と3000系がいました。50000系となりますが、それ以外にも、数種類ありますね。12400系、2200系といった面々がいます。そして、10100系もいるかもしれませんね。
DSC00265.JPG
DSC00266.JPG
DSC00267.JPG
こちらは、30000系のビスタカー4世EXですが、前の色がしっくりきますね。やはりこれだ。
DSC00268.JPG
DSC00269.JPG
DSC00270.JPG
DSC00271.JPG
そして、4枚連続となったのですが、HOの「しまかぜ」も迫力がありますね。
DSC00272.JPG
いつか実車の「しまかぜ」にも乗ってみたいです。それは、どうなるのかはわかりませんが。
DSC00273.JPG
そして、一番端に姿があるのは、10100系と12200系の5両。そのほかにも車両たちがたくさんありますね。
DSC00274.JPG
そして、後ろにいるのは、「青の交響曲」が登場しておりますね。しかし、動きそうにないですね。
DSC00275.JPG
そこにやってきたのは、6200系ですね。そこに…。
DSC00276.JPG
やってきたのは、先ほどの6連ですね。そして、「しまかぜ」が通過中。
DSC00277.JPG
そして、
DSC00278.JPG
そこに、「しまかぜ」が通過中。となれば。
DSC00279.JPG
DSC00280.JPG
こうなりますよね。すれ違いですね。まあ、そんなわけで、鉄道模型展示及び運転ブースを後にした私と「天空」氏は、再び外に出て車両展示ブースに戻り撮影を続けました。
DSC00281.JPG
夕方の風景もいいですね。ということで、今回はここまでとなります。次回は、何と、金曜日の予定ですが、土曜日が、桑名まで遠征の予定ですので、明日に予約記事を書いておき、それを公開する予定となります。そして、明日の木曜日は、「鉄タビ(臨時便)」の記事の予定としております。そして、「名列車列伝特集」の「くろしお」編の記事も書く予定です。

ということで、次回の記事をお楽しみに。それでは。

<<<PREVIEW 16                                                      NEXT 18>>>

この記事へのコメント