寝台特急専用車両のA-20系は個室を一つ追加する措置を取りました。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から寝台特急専用車両のA-20系の製作についてですが、昨日から休みとなっているのですが、一部の社員が自主的に作業をしておりまして、その途中経過の報告と、2本目は「名列車列伝特集」の「くろしお」編を予定しておりますが、今回は「ハーフタイム(楽屋裏)」になる可能性が高いです。

最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作作業についてですが、
スクリーンショット2019-06-27 21.29.28.pngスクリーンショット2019-06-27 21.29.05.png
いろいろと、検討した結果、ラウンジスペースをドアデッキ部分近くに設ける工夫をしてみたうえで、トイレと、シャワールームを一体化させたうえで、製作してみたほうがいいのではという意見で、一致したことから、製作班が半ば居残りという形で、制作作業に取り掛かり、このようになりました。
スクリーンショット2019-06-28 20.45.22.png
スクリーンショット2019-06-28 20.47.37.png
ラウンジスペースは、あとで製作していきますが、自動販売機などを取り付ける形をとります。そのほかに、室内灯の設置工事、さらには、読書灯の設置工事もあり、更なる設備の増設が必要となりそうです。また、トイレなどタンク類は大型化は必至となる予感がありますが、その部分については、室内のデッキ等の部分にためることで解決させる予定です。その工事も近く始めようかと考えております。

ということで、報告は以上となります。それでは。


この記事へのコメント