寝台特急専用車両のA-20系についてですが、

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は、「雑記」からの記事です。

最初の記事は「∟車両部」からですが、
スクリーンショット2019-06-28 20.45.22.png
実は、エアコン機器とタンク機器を配置することに成功しました。それがこちらです。
スクリーンショット2019-06-30 21.00.22.png
そんな感じで、こんなものとなりました。エアコン機器はどこに…といわれるかもしれませんが、実は、室内に格納しております。ドアデッキ部分と、反対側に作ってあるというわけです。
そして、これを今度は量産して、配置する作業に取り掛かります。さらにですが、先頭車両はエアコン機器の一部を、真ん中に設置して改良を行います。ということで、今後の量産につなげていきます。

そして、機関車関連に関しても動きが出てきました。実は、電気機関車については車体がすでに完成しておりますが、ディーゼル機関車も同じデザインに変更する予定です。そして、ハドソン蒸気機関車ですが、J-3蒸気機関車のデザインと設計図を日本国有鉄道車両のC62型から1435㎜への変更を行い、オブジェクト製作の参考として南満州鉄道で使用されたパシナ型を代用する折衷案を示してきております。それをもとに、製作を検討している段階です。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント