さらに、構成を煮詰めて行きます。

本日の話題の2本目は、「雑記」から日記みたいなものと、最初の記事の続きとなっております。

本日もハードでした。それと、暑くなりましたね。
さて、蒸気機関車のことですが、ヘッドマークの取り付け位置のことで気になることが出てきましたも
NYC_Hudson2.jpg
今回のデザインの大元となるニューヨークセントラル鉄道J-3型機関車は、ヘッドマークの取り付け金具がないことが判明していまして、取り付け位置の選定をどうするのか、検討しております。
yjimage.jpeg
実は、この画像でもわかるのですが、ヘッドマークの取り付けは、ナンバープレートの部分に当たり、下には連結器を装備するため、取り付ける場所が、ないことがわかります。
となると、ナンバープレートの取り付け位置を少し上げると良いことになりますが、となると、今度は取り付け方法をどうするかそこが問題となります。
となればヘッドライトの部分に、ナンバープレートを持ってくる方法もありなのですが、そうなると今度は、ヘッドライトの取り付け位置が微妙となって、魅力が半減する恐れがあります。
では、その部分は残しつつ、ヘッドマークをどこに取り付けるか。
その方法として、パシナ型蒸気機関車のスタイルを参考にしてはとの意見があります。
これは、ライト部分の真下に、ナンバープレートを取り付ける方法です。
この方法なら、ヘッドマークの問題を解決できるとのことだそうです。
と言うことで、それでは。

この記事へのコメント