寝台特急専用車両のA-20系のA-22型は、どうなったのかといいますと…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系について、2本目は「雑記」からの記事です。

最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系のA-22型の製作についてですが、実は、スクリーンショットス2019-07-10 21.27.05.png
ここまで進んできている状態です。なんと、下をシャワールームを装備する形に変えると同時に、上と下をはしごで結ぶ方式も検討しておりますが、階段式も検討しております。
スクリーンショット2019-07-10 21.23.05.png
一方で、蒸気機関車の関連についてですが、この画像は、スクリーンショットで撮影したものです。実は、この通りですが、連結器を搭載しており、そのため、完全とはなっていないものの、この形を踏襲しようと考えております。実は、昨夜に述べたヘッドマークの部分についてです。エンブレムの部分が、ヘッドマークを取り付ける場所となります。そして、ナンバリングはヘッドライトの直下として、旅客機なら「CJ8-c」が、貨客両用機は「CJ8-d」、マレー型が「CJ8-f2」となりその下に、製造番号を記す形となります。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント