桑名・養老鉄道への旅 01

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から6月の終わりに旅した桑名と養老鉄道の旅を届けしましす。

実は、私がこの旅を思い立ったのは、6月27日と6月28日がサミットのために休むことになったため、その4日間のうち、暇な日が多くなってしまうため、3日間を自由に乗りこなせる「近鉄週末フリーパス」を使用した旅に出ることとなったわけです。その1日目に消化したのは、奈良県の奈良市を訪れた旅でしたが、今回はそこから県をまたいで、三重県の県北の地域に当たる桑名氏に向かうことにしました。
DSC00001.JPG
さっそく、斜めの画像となってしまいましたが、文字通り地元駅を出た私は、大阪難波駅午前6時半に出る名古屋駅行特急(乙特急)に乗ろうとしておりました。
DSC00002.JPG
しかし、地元駅で乗った列車が、運悪く間に合うか間に合わないかのギリギリの線だったらしく、
DSC00003.JPG
車両撮影もあまりしないまま、大阪難波駅に足早にやってきました。なんと着いたのが、出発3分前の6時27分でしたから、それもそのはずです。普通は、歩いて10分はかかる南海難波駅から近鉄(阪神)大阪難波駅までの距離を、走って半分に縮めたのですから…(-_-;)。余裕をもっての行動が原則のはずですが…。致し方がありません。
DSC00030.JPG
さて、今回乗車したのが、6時30分始発の106列車を担当する
DSC00005.JPG
21000系21103編成ことアーバンライナーです。これに乗り込んで三重県の北東部、桑名市を目指します。この列車で名古屋方面に人っと美となるのですが、
その前に、難波駅を出てからの動画で、お楽しみください。
実は、字幕を付けずにやってしまったため、何が何だかわからないと思いますが、完全版を製作するときにアップロードします。
DSC00005.JPG
で、私が乗っているのは、21503番、6両編成の2両目に当たります。この車両はレギュラーカーの一つですが、もともと初期編成だったことから、この車両も隣の1号車と同じ「デラックス・カー」だったそうです。そのため、2000年台に、デラックスカーの需要の減少のため、レギュラーカーに改造したとのことだそうです。
そして、列車は大阪府内を南東に爆走しているのですが、この後は奈良県内に突入します。というわけで、本日はここまでとさせていただきます。次回は、奈良県内に突入するところからスタートします。というわけで、それでは。

<<<PREVIEW "The Festival of Kintetsu-Railways"                                   NEXT 02>>>

この記事へのコメント