寝台特急専用車両のA-20系の製作についてですが、サニタリーシステムの導入した後は、個室ドアの製作を続けております。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作についてです。2本目は「鉄タビ」から「桑名世・養老鉄道」の旅をお届けします。

最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作ですが、
スクリーンショット2019-08-14 22.11.02.png
こんな感じで、トイレなどを設置しておりました。それ以外にも、シャワー器具も中に入ってくるので、すごいことになりました。
あとは、シャワールームの設置などもやっております。あとは、個室の扉も設置を継続中です。

その後の展開ですが、架空特急気動車265系の製作を準備中です。こちらは、行先表示の改良工事を進めることも考えております。
_res_blog-48-c7_aya6kode18ra_folder_920244_58_37419158_img_2.png
こちらはどうなっていくのか、楽しみですね。先頭車両は、連結カバーだけを完成させればいいので、何とかなりそうです。
あと、サニタリーシステムの導入も行う必要がありますね。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント