寝台特急専用車両のA-20系の製作はようやく、システムへ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「天理臨」撮影旅の記事です。

最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作ですが、
スクリーンショット2019-08-14 22.11.02.png
サニタリーシステムの導入が一部を残して終わりました。一部の車両には、シャワールームを増設することも検討しております。対象車両はEasy-SleeperA20型と、Easy-SleeperA21型の一部を番台区分してシャワールームを搭載することを検討中です。そして、システムですが、実は生かせる車両があることがわかってきました。
スクリーンショット 2015-09-02 09.58.36.png
近鉄50000系のサ50400型に機能を追加して、製作を検討しているところです。実際には、台車はKD307型(画像)ではなく、KD100型から改良されたボルスタ搭載台車を使用する予定です。

まあ、Easy-SleeperA20型と、Easy-SleeperA21型の番台区分を、急ぐのですが、これは「Body2」が対応させるということで検討を開始しております。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント