寝台特急専用車両A-20系の製作は水タンクの取付位置変更。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作について、2本目は「雑記」からの記事です。

最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急専用車両のA-20系の製作ですが、実は、最初の設計図から大幅に見直しが必要となってきました。それが、
スクリーンショット2019-09-01 21.00.09.png
実は、テストしてみてわかったのですが、少し、変化しているのに気づく…はずがありませんね。実は、台車が車体に食い込んでいるということがわかってきました。設計時から少し問題があったことから、タンク部分を上にあげる工事を行いました。これでは、運行するときに支障が出てくる可能性があり、問題があるとのことで、水タンクを屋根裏に隠す作業を行いました。そして床下の部分については、少し検討しながら、製作していきます。

ただ、床下部分については、少し検討が必要かもしれません。しかし、床下をいじるとなると、大工事になる予感がしています。更なる解決策としては、台車の小型化を行うなどの対応も検討中です。小回りの利く台車があれば、乗り心地についても、どうなるか分からない状況です。

ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント