早速ですが、A-50系のサボオブジェクトの製作を開始します。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急A-50系の製作について、2本目は「名列車列伝特集」の「あかつき」編のお話で、昭和50年のダイヤ改正以後のお話をしていきます。

最初の記事は「∟車両部」から、寝台特急A-50系の製作についてです。で、サボ製作を行うのですが。
Sajitarius_EXP.png
ペイントについては6割が完成しております。当分の間は、最低限の使用で行くことを検討しております。ほかにも新たな行先と列車名が加わり次第追加という形をとることも検討しており、それに向けての準備も行っております。幕のオブジェクトの高さの位置をドア付近まで持ってくるという話もあり、それも検討中とのこと、これにより、一部のファイル名称を変えるだけで済んでしまうことも明らかとなったため、この方法を再利用させていただきます。
スクリーンショット2019-09-08 21.15.02.png
さらに、車掌室搭載車両についてですが、こちらは、A-20系のデーターを流用する予定です。ちなみにテールマークがないため、その部分はオミットする代わりに、機関車に搭載するヘッドマークのオプションが追加されます。そこが相違点です。これは連結時に、取り外す形をとります。

実際に、ヘッドマークの大きさを小さくすれば、連結時に取り外す必要はないという場合もありますが、それは大きさ次第です。
スクリーンショット2019-09-22 10.17.07.png
実際にはこのようなヘッドマークですから、それを小さくするとなると、約6から7割くらいの大きさになると考えられます。

まあ、そういうことで、何とか頑張っていきます。それと、A-20系の編成の製作も急ぐ必要がありそうですね。ということで、報告は以上となります。それでは。

この記事へのコメント